COLLINO一級建築士事務所

~間取りから模様替え・インテリアまで~女性一級建築士が、住まいをトータルでサポート!

  • 5
  • 9
  • 6

HOMEブログページ ≫ 子育てしやすい、子供の成長に合わせた住まいの整え方 ≫

子育てしやすい、子供の成長に合わせた住まいの整え方

住宅を購入する場合、10年後20年後までの生活を考えて選んでいますか?
いまは小さい子どもですが、成長に合わせ、住まい方や間取りを、いまの住いで工夫する必要があります。
今回は子どもの成長、家族の変化にあわせて間取りを工夫する方法について、一般的な3LDKを想定してお話しいたします。

 

・乳児~幼児期
 

子どもが乳児から幼児の時期は、とくにスキンシップの大切な時期です。
また、上の子、下の子それぞれに一部屋といった年齢ではないので、生活の主体はLDKと寝室が主体となってきます。
マンションの3LDKなどでは、LDKに洋室または和室が隣接している場合が多いので、その場合は、
LDKにベビーベッドを置き、洋室または和室に布団を敷いて親子3人で就寝することになります。 
お父さんお母さんは、夜泣きなど大変ですが、少しの間と割り切って一緒のお部屋で休みましょう。
 

・ 小学生

 
子どもが二人とも小学生の時期は、まだそれぞれに個室を与えず、一部屋を兄弟姉妹の就寝スペースとして利用します。
また、学習スペースは、LDKの周囲など、両親の目が届くところに設ければ、家事や雑用の合間に、子どもの様子を見ることができます。
学習スペース・就寝スペースを二人で使うことにより、思いやりや協調精神をはぐくみ、子どもの成長につながります。
工夫の一つとして、二段ベッドは、シングルベッドを2段に重ねたタイプの物を購入しましょう。後で、子ども部屋を分けたときに、買い替える必要がなくなります。
同じ理由で、学習スペースに置く勉強机や椅子も、長く使えるよう、成長に合わせて高さが変えられるシンプルなものを選びましょう。大学生・社会人まで使えるものが、ベストです。
 
 

思春期~受験期


 小さな頃には、両親のそばにいる時間が長かった子どもも、思春期になれば、それぞれのプライバシーに配慮しなくてはなりません。また受験に備え、集中して勉強できる体制を整えてあげましょう。
兄弟姉妹それぞれの洋室に、机とベッドを整え、勉強と就寝を一室で出来るようにしましょう。
工夫の一つとして、子ども部屋のカーテンは、派手なキャラクターなど、子どもデザインのものは避けた方が無難です。
後でこの部屋を、別の家族が使ってもおかしくないよう、オーソドックスで丈夫なカーテンをお勧めいたします。
 
また、住宅購入後、15年近くになっているので、マンションの場合は大規模修繕、戸建ての場合は第一回目の住宅補修・設備交換時期に来ています。
見た目はだいじょうぶだからといって、この時期にきちんとメンテナンスしないと、後で雨漏りなど取り返しのつかない事態になりがちです。
教育費もかかる時期ですが、きちんと修繕・交換・補修費用を、早いうちから積み立てておきましょう。
 
 

大学生~社会人

 
 子どもの成長は早く、受験や就活を終えると、大学生や社会人になります。入学や就職先により、早い子では大学生になると家をでてしまいます。
子ども部屋だった部屋は、フリースペースとして、ほかの家族の書斎や趣味のお部屋として、自由に使うことができます。
 
 

・独立~夫婦二人の生活
 

 子どもが社会人になり、それぞれの伴侶を見つけ世帯を持つと、夫婦二人の生活が待っています。
また、ご主人・奥様も定年を迎え、ゆっくりとした第二の人生を始める方も多いでしょう。
子ども部屋だったすべての部屋が空くことにより、フリースペースとして、書斎や趣味のお部屋にすることはもちろん、サロンや個人オフィスなどとして、お仕事をすることも可能です。
また、住宅購入後、30年近くになっているので、マンションの場合は大規模修繕、戸建ての場合は第二回目の住宅補修・設備交換時期に来ています。
今後も住み続けられるよう、退職金などを計画的に使い、住宅の修繕・交換・補修を行いましょう。
 
いかがでしたか?
家族の成長とともに、お部屋の使用目的を変化させるだけで、
家具の買い替えを少なく、今ある間取りで対応することができます。
当事務では、「部屋をおしゃれにしたい」「2LDKの間取りに3人の子ども部屋をつくりたい」「勉強に集中できる子ども部屋をつくりたい」「健康的で快適な住まいにしたい」など、住まいの問題の解決プランをご提案しております。
詳しくはHPをご覧くださいませ。

2018年10月12日 16:47
全国の書店にて好評販売中!


ご購入はこちらから


モバイルサイト

しかまのりこ COLLINO一級建築士事務所スマホサイトQRコード

しかまのりこ COLLINO一級建築士事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

COLLINO一級建築士事務所

東京都足立区小台1-21-1-302号
一級建築士事務所登録 第61052
営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

お問い合わせ

事務所概要