COLLINO一級建築士事務所

~間取りから模様替え・インテリアまで~女性一級建築士が、住まいをトータルでサポート!

  • 5
  • 9
  • 6

HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

もしマイホームが「欠陥住宅」だったら?住宅トラブルの現状とその対処法

欠陥住宅・・・恐ろしいですよね。。
何としてでも、欠陥住宅だけは避けたいところですが、こればかりは、「運」もあります。
そこで、もし「欠陥住宅」にあたってしまった場合は・・・?
「保険」
人生も・男も・住まいにも・・・なにごとも、保険をかけることは大切ですね。
今回は欠陥住宅の現状とその対処方法についてお話いたします。

 

■住宅トラブルは年々増加

相談件数の推移2018

公益財団法人住宅リフォーム/紛争処理支援センターによると、住宅トラブルは増加しており、その住宅相談件数の推移は増加の一途をたどっています。
 


■「新築住宅」の欠陥(瑕疵)は、10年間補償されます

新築住宅を供給する事業者は、構造部分と雨漏りに対する欠陥(瑕疵)について、10年間責任を負うことになっています。
また、その責任を確実に履行するため、「保険への加入」、または「保証金の供託」をするよう、法律で義務付けられています。
これにより、新築住宅は、引き渡しから10年以内の欠陥については、保険金や保証金で修理費用をカバーしてもらえます。

 

■中古住宅やリフォームは、「欠陥(瑕疵)の責任」が約束されていません

一方、注意しなくてはならないのが、中古住宅や、リノベ住宅です。
中古住宅では、売り主が個人である場合は欠陥(瑕疵)の責任を負わないことが多く、また売り主が不動産会社(宅建業者)の場合でも、欠陥の保証は一般的に「2年間」とされています。

そのため、中古住宅を購入する際には、不具合や欠陥がないかを、きちんとチェックすることが重要になってきます。
「ホームインスペクション(住宅検査)」を依頼して、不具合や欠陥がないかを事前に確認するといった事例も増えてきていますが、この住宅検査で欠陥が見つかるとは限りません。
リフォーム工事については、リフォーム事業者との契約内容などの取り決めによって、欠陥があった場合の責任や保証が決められています。
ただし、リフォーム工事による欠陥や不具合であることを明確にすることは難しく、欠陥の補修に対して新たな追加工事を請求されてしまうこともあるんです。

 

■中古住宅やリフォーム工事の欠陥は、保険で解決できます!

このような、中古住宅やリフォーム時の欠陥やトラブルに対処するため、中古住宅では任意保険である「既存住宅売買瑕疵(かし)保険」、リフォームの場合は「リフォーム瑕疵(かし)保険」という制度が創設されました。
中古住宅の売り主やリフォーム事業者が、これらの保険に加入していれば最長「5年間」、欠陥や補修等の費用が保険でカバーされることになっています。
また保険の引受けにあたり、専門家による検査が実施されるため、住宅の品質が確認できるというメリットもあります。
しかし、「既存住宅売買瑕疵保険」、「リフォーム瑕疵保険」は法律で決められた義務ではなく任意の加入制度であるため、中古物件やリフォーム事業者を選ぶ際、これらの保険への加入の有無が重要なポイントになってきます。
 

■念願のマイホームに欠陥が見つかったら?

新築住宅は、お引き渡しから10年以内の欠陥については、保険金でカバーしてもらえます。
しかし中古住宅やリフォームの場合は、必ずしも欠陥(瑕疵)の責任が約束されていません。
万一の時に慌てないためにも、中古住宅購入やリフォームの際には、契約書の内容により保証の範囲を細かくチェックするとともに、保険加入の有無についても確認しましょう。
また、なるべく早い段階で専門家に相談することも大切です。
住宅リフォーム・紛争処理支援センターでは、住まいに対する電話相談(すまいるダイアル0570‐016‐100)を無料で受け付けています。
もし、念願のマイホームに欠陥が見つかったら……相談してみることも1つの手ですよ。
 

参考:
*住宅相談件数の推移-http://www.chord.or.jp/(公益財団法人 住宅リフォーム/紛争処理支援センター)
 
2016年03月15日 13:28

震災の日に考える・・・自分でもできる「わが家の耐震診断」で、地震に備えよう!


3月11日は東日本大震災の起きた日です。
時間の経過とともに、あの日の震災のことを忘れてしまいがちです。
しかし、南海トラフ地震や首都直下型地震がいつ起きても不思議ではない現在、今一度、我が家の耐震について考えてみましょう。
今回は「自宅で出来る耐震診断」についてのお話です。
 

・2013年時点での日本の住宅耐震化率は82%

無題

耐震化率とは1981年にできた「新耐震基準」に基づいて設計された建物と、その基準に適合するよう建物の補強を済ませた建物の数を、全体の建物数で割った割合です。つまり、どれだけ震度6程度の地震に耐えられる建物が、現在日本にあるかという割合です。2013年の調査では、日本の住宅の耐震化率は82%となっています。また、政府は2014年に発表した大規模災害への対応の指針の中で、2008年度に79%だった住宅の耐震化率を東京オリンピックの開催される2020年度までに95%に引き上げる数値目標を掲げています。
 

・耐震診断と費用の目安

建築基準法は1978年の宮城県沖地震の発生により耐震基準が見直され、1981年に先に述べた「新耐震基準」が定められました。その後2000年には木造住宅では筋交いの接合部の規定を追加するなど、耐震基準の内容は強化されています。
耐震診断とは1981年以前に建てられた建物が、現行の新耐震基準をもとに耐震性の有無を確認することです。1981年以降に建てられた建物に於いても、劣化等が懸念される場合は耐震診断で耐震性能を確認します。
耐震診断料金は、床面積にもよりますが木造一戸建てで約5万円から20万円程度と比較的高額です。

・耐震診断・耐震化への補助金と、多発する詐欺事件

住宅の耐震化を促進するため、各自治体は耐震診断・耐震改修を行った場合に補助金を出す制度を設けています。しかし、この制度を悪用して耐震診断や改修工事の費用を騙し取る詐欺が増えています。「古い住宅を改修しなければいけない努力義務が法律で決まりました。すぐに改修しないと法律違反で罰せられます」「改修工事代金全額が自治体から補助金で返ってくる」このような言葉で耐震改修を焦らせ、通常より高い費用で工事を進めてきます。
耐震診断を受けたい場合は各自治体が設けている相談窓口で紹介してもらうことができます。また補助金などを受けたい場合も事前に自治体に確認しましょう
 

・自分の家は自分で守ろう!誰でもできる簡易耐震診断表

耐震診断は敷居が高いという方には、自分でできる耐震診断もあります。
方法は簡単、専用のチェックシートに記入していくだけです。
 
 耐震診断表-2_コピー
耐震診断表-3_コピー
耐震診断表-4_コピー


「天災は、忘れたころにやってくる」ということわざがありますが、震災は忘れたころにやってきます。
いずれやってくる災害に備えるためにも、日ごろから自宅の耐震化や食料の備蓄など震災に備えることが、大切なようです。
 
 
参考:
住宅の耐震化率-国土交通省http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr_000043.html
誰でもできるわが家の耐震診断-一般財団法人 日本建築防災協会
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/seismic/kodate/wooden_wagaya.html
 
2016年03月12日 13:14

健康と住まいの関係・・・「家族の健康を守る住宅」のマストアイテムとは?

大阪のある歯医者さんが、

 

「家を新築したら、子どもがアレルギーになった」

 

という健康トラブルから、家を調査した結果、

家をつくっている建材が、アレルギーの原因だったということがわかりました。

 

そして、この歯医者さん、国に「家の換気が大切!」と被害を訴え続け、

なんと!最終的には建築基準法まで変えてしまいました!!

 

そして、平成15年に

「家を24時間換気しましょう!」という新しい基準が建築基準法に加わったんですね。

 

この歯医者さん、スゴイですよね!!

 

寝る時間も含め、毎日たくさんの時間を過ごす住宅。
でも、住まい方によっては、この歯医者さんのように、シックハウス症候群やアレルギーなど深刻な病気を引き起こしてしまうんです。
それでは、健康に子育てをするうえで、欠かせない住宅アイテムについてご紹介していきましょう!
 

・ほんとうに怖い住宅病・・・シックハウス症候群とは

新築やリフォームした住宅において、壁・床などの接着剤や建材・塗料などから放出される化学物質が原因となり起こる健康障害を総称してシックハウス症候群といいます。
ホルムアルデヒドや揮発性物質(VOC)などの化学物質が、めまいや吐き気、頭痛や皮膚疾患・のどの痛みや鼻の障害などを引き起こします。
国民生活センターによると、原因物質を含んだ建材の普及と、住宅の気密性が高まった平成8年ごろから症状を訴える人が急増、その後建築基準法の改正や建材の規制・品確法の制定などさまざまな法規制がされましたが、いまだ相談件数は横ばいで減っていません。これは、法規制が新建材や新素材への対応に追いついていないことを表しています。
 

・住宅だけでなく、原因は身近なものにも?

シックハウス症候群というと、新築やリフォームをしたときに使用される建材からの化学物質だけが原因と思われがちですが、建材以外にもカーテンやじゅうたん、家具などから揮発する化学物質や、衣類や日常生活用品、ダニやカビなど様々なものによる室内空気汚染が原因になっています。また、住宅の高気密・高断熱化により省エネで住みやすい住宅が実現する反面、自然換気不足による室内空気汚染や高湿度で結露を起こしやすくなっています。国民生活センターによると、シックハウス症候群の発症年齢は30代~40代の、しかも女性に圧倒的に多く、またダニやカビなどが原因となるアレルギー疾患はすべての年代で発症しますが、小児に多いとの報告があります。
 

・今すぐできる!!シックハウス対策と健康住宅のマストアイテム

厚生労働科学研究所によると、1980年代に欧米で問題になったシックハウスビル(高気密・高断熱ビルにおけるシックハウス) 症候群では、発生原因の53%が不適切な換気にありました。現在の日本の住宅も、高気密・高断熱化が進み1980年代のシックビルと似た環境にあると言えます。
このことから考えると、シックハウス症候群の予防や軽減には、お部屋の換気が一番大切ということです。
リビングや寝室など、長くいるお部屋は5分から10分の換気を一日2~3回行うだけでもシックハウス対策に効果があります。
また、これから中古住宅を購入される方は、改正建築基準法により24時間換気が義務付けられた、平成15年7月確認済み以降の建物を購入しましょう。
スイッチを入れておけば、家じゅうの空気が2時間で入れ替わります。
また、24時間換気は結露を防ぎ、カビやダニを防ぐこともできます。この24時間換気設備は、いまでは健康住宅には欠かせないマストアイテムとなっています。
 


20年前以上から問題にされているシックハウス症候群ですが、国の様々な法規制にもかかわらず、新建材や家具・日用品などによりいまだ解決していないのが現状です。
しかし、私たちの「こまめに換気をする」ことにより、シックハウスの大部分は解決してしまうのも事実です。
高機能住宅を手に入れたら終わりではなく、その後も少しの手間をかけ、快適で健康な住環境を保っていくことが大切なようです。


参考:
http://www.sicklife.jp/about_sickhouse.html(シックハウス診断士協会)
http://www.jvma.jp/column3.html(日本VOC測定協会)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/seikatsu-eisei/dl/sick_house.pdf(厚生労働省)
 

 

2016年03月02日 12:49
全国の書店にて好評販売中!


ご購入はこちらから


モバイルサイト

しかまのりこ COLLINO一級建築士事務所スマホサイトQRコード

しかまのりこ COLLINO一級建築士事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

COLLINO一級建築士事務所

東京都足立区小台1-21-1-302号
一級建築士事務所登録 第61052
営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

お問い合わせ

事務所概要