インテリア/家具レイアウトのCOLLINO

『自分の家を好きになりたい・・・』
マンションや狭い間取りの、リビング学習/子ども部屋などにお困りの方へ
書籍『家具配置のルール』著者(彩図社/2万部突破)の
しかまのりこ(模様替え作家/一級建築士)がインテリア~家具レイアウトをサポートします!

HOMEブログページ ≫ 少子化に影響する?住まいの間取り ≫

少子化に影響する?住まいの間取り

220128庄司様プランイメージ-1
こんにちは!しかまです。

最近ですが、部屋づくりプランでご依頼が多いのが、


「わが家の2DKや2LDKなどの間取りに子ども部屋がつくれますか?」

というお問合せです。



もし・・・


今の住まいのままで、

買い替えなどの住み替えをしなくても

あと一人子どもが増えても

住み続けることができれば・・・もう一人産もうかな?


という迷いを持っている方が意外と多いんです。


意外ですよね?

結婚当初は「子どもは一人でいいや!」と思っていた人も
子育てを通し、気が変わるのでしょうか?

もう一人子どもがほしくなってきたけれど・・・
住み替えってお金かかりるし
体力も労力もかかりますよね?

すでに持ち家の場合や、小さいお子様がいればなおさらです・・・

だから引っ越しせずに、とりあえず今の住まいで
もう一人子どもが増えても、だいじょうぶ!
であるかどうか、確認したく、部屋づくりのご依頼される方が増えているのです。

結論から言うと、ものすごく変な間取りでない限り可能ですよ♪
住み替えなどの余計な住居費をかけずに、上手にお部屋をアップデートしましょう!

また、政府の少子化対策のかた、何かのご参考になれば幸いです笑♡


 
2023年07月26日 16:35