COLLINO一級建築士事務所

~間取りから模様替え・インテリアまで~女性一級建築士が、住まいをトータルでサポート!

カバー6

HOME ≫ 住宅コラム ≫

片付けてもすぐリバウンド。「リビング崩壊」の意外な原因と対処法

リビングの散らかり放題を解決

結婚して家族が増えると、モノが増えがち。それまでは片付け上手だった人もリビングが散らかり放題になり、くつろぐ場としてのリビングが機能しなくなります。

この状態を一級建築士のしかまのりこさんは、リビング崩壊と呼んでいます。家の間取りや模様替え相談を業務として行うなかで、このリビング崩壊に至っている人はとても多いとのこと。特に共働きの子育て世代に至っては深刻な問題だそう。

3Dモデルを使ってこのリビング崩壊の原因と対策方法を教えてもらいました。ぜひ参考に!

あなたの家はリビング崩壊に陥っていないか?3つの視点からチェック!

散らかっているリビング

このリビング崩壊、小学生までの子どもがいる家庭では誰でも陥る可能性があります。

その原因として、小学生までの子どもの場合、リビングで宿題や着がえをすましてしまう家庭が多く、自然とリビングにモノが増えてしまうからです。

しかし、それ以外にも生活スタイルなど多くの原因があります。
まずはじめに、自分がリビング崩壊に陥りやすいか、チェックリストで確認してみましょう。

あなたはいくつ当てはまる?リビング崩壊危険度チェックリスト

(収納力)

  1.  キッチンカウンターの上に、時計やマスクなど小モノを置いてしまう
  2.  ソファの上にバッグや上着を置いてしまう
  3.  子どものおもちゃがリビングに散らかっている
  4.  ダイニングテーブルの上が物置になっている

(空間力)

  1.  インテリアや家具を衝動買いしやすい
  2.  いつか使うと思って使わずにとっている家具がある
  3.  部屋の家具の高さがバラバラである
  4.  洗濯機やトイレの上にデッドスペースがある

(動線力)

  1. ベッドやソファなどがあり、庭やバルコニーへ出られない
  2.  ソファやテーブルに足をぶつけることが多い
  3.  壁の給気口を閉めてしまうことが多い
  4.  家具は部屋の真ん中に置くか壁に沿わせることが多い

上のチェックリストは、リビング崩壊に陥りやすいか?その危険度を「収納力」「空間力」「動線力」の3つのカテゴリーから分析するものです。

それぞれのカテゴリーのうち1つでも当てはまるものがあれば、リビング崩壊に陥りやすい傾向があります。またどのカテゴリーにも2つ以上チェックがつけば、すでにリビング崩壊に陥っている可能性があります。

これからお話しするリビング崩壊対処法を参考に、家具配置やライフスタイルを見直してみてください。

原因1:帰ってきたら小物をキッチンカウンターにモノを置いてしまう!

リビング崩壊の原因のひとつに、収納の問題があります。家を買うときや借りるとき、間取り図を見て収納が少ないと感じたことはありませんか?

収納を増やしてしまえば、その分部屋の面積が狭くなるため、あえて収納をつくらないことが多いのです。そのため、収納が少ない住まいは多く、物が片付かない根本的な原因となっています。

また最近のキッチンの間取り設計で、圧倒的に増えたのが、オープンスタイルのキッチン。料理中にもコミュニケーションがとりやすかったり、部屋が広く見えたりなどいいことずくめです。

しかし、このオープンスタイルのキッチンについているキッチンカウンターは高さが1m、幅40㎝程度と、ちょうどモノを置きやすい高さと大きさになっています

オープンキッチンだとカウンターにモノを置きがち

また動線的に帰宅して、まっすぐ部屋に入って、いったん立ち止まり脱ぎ着する、まさにその場所に設置されています。

そのため多くの人が、マスクやお財布、鍵や帽子や眼鏡など、ありとあらゆる身に着けていた小物をこのキッチンカウンターに置いてしまいます。

ちなみに設計する立場としては、このキッチンカウンターにマスクや小物など、モノを置くことは想定してつくっていません。

ダイニングテーブルにもモノを置きがち
また、キッチンカウンターにモノを置かなかったとしても、そのそばのダイニングテーブルにモノを置いてしまう方も多く存在します。

その結果、ダイニングテーブルの上には常にモノが散らかり、落ち着いて食事ができないなどの支障をきたします。

このキッチンカウンターやダイニングテーブルにモノを置いてしまう習慣はなかなか変えられないため、対処法としては「いかにきれいにモノを置くか(収納するか)?」に尽きます。

キッチンカウンター下に奥行きの薄いカウンター下収納を置く

例えば上の図のようにキッチンカウンター下に奥行きの浅いカウンター下収納を置く方法。

この収納は、奥行きが薄いため、消臭剤や文具など、ちょっとした小物を収納するのに役立つものです。そしてカウンター下収納の上には、100均やホームセンターなどで販売している収納ケースを家族の人数分用意。

お父さんはお父さんの収納ケース、お兄ちゃんはお兄ちゃんの収納ケースを置いておけば、家族それぞれ帰宅後、この収納ケースにポイとモノを入れれば、キッチンカウンターやダイニングテーブルが散らかり放題になることを避けられます。

ポイントとしては、カウンターの奥行きに合わせたカウンター下収納を選ぶこと。またカウンター下の有効高さを確認して、収納するものに合わせた収納ケースと収納の高さを計算すること。

これで収納ケースは入ったけれど、収納したいものが入らないというトラブルを避けられます。

原因2:ソファの上にバッグやランドセル、上着を置き、物置状態に!

ソファが物置状態問題

帰宅後、ソファの上にバッグやランドセル、コートなどの上着を置いてしまうという方は大変多く、リビング崩壊を形成するセンター的な位置を確立しています。

その結果、くつろぐはずのソファは、いつの間にか物置になり、ひどいときは洋服の山でソファが埋もれている場合も…。
この「ソファが物置状態問題」ですが、帰宅してからリビングまでの動線に、上着やカバンなどを収納する場所がないことが大きな原因になっています。

リビングに上着やカバンなどを持ち込まない対策

解決策としては、図のように玄関からリビングまでの動線上(廊下)に、ハンガーフックを取り付けて上着やカバンなどの収納スペースをつくることです。
そうすることで、リビングに上着やカバンなどを持ち込むことはなくなり、散らかりにくいリビングにすることができます。

リビングの壁にハンガーフックを取り付けて収納スペースをつくる
また、動線上に十分なスペースがない場合は、上の図のように、リビングの壁にハンガーフックを取り付けて収納スペースを設けても構いません。

原因3:子どものおもちゃがリビングに散らかっている

リビングの子どものおもちゃ散らかり問題

ちいさな子どものいる家庭では、おもちゃも悩みのタネ。

おもちゃがリビングに散らかっている家は大変多く、また細かいおもちゃピースをなくしたり踏んでしまったりと、散らかるだけでなく、イライラする原因にもなっています。

しかしこの「子どものおもちゃ問題」は、子どもが小さい間のみの期間限定の悩み。ですから簡易なおもちゃ専用収納をリビングのちょっとしたスペースに設置することで解決できます。

リビングにおもちゃを片付けるオープン棚を設置
そこで上の図のように、おもちゃを片付けるオープン棚(おもちゃ専用収納)をソファの後ろに設置しました。

おもちゃ専用収納があれば片付きやすいリビングになる
おもちゃ専用収納ができたことで片付きやすいリビングにすることができます。

デッドスペースになりやすいキッチンカウンター下やおもちゃ収納など、工夫次第でリビングに収納を増やすことができます。
リビング崩壊を防ぐためにも、収納を増やし片づけやすいリビングにトライしてみてください。

ちなみに、リビング崩壊は「狭い部屋でも快適に暮らすための家具配置のルール」(彩図社刊)でも触れています。興味がある方は、そちらもチェックしてみてください。

小学校に備えて子ども部屋をつくる!「家族4人、団地2DK」の間取り問題をプロが解決

ごちゃついていた、模様替え前の6畳のリビング

狭いので収納量が足りない、子どもが成長し個室が必要…。マイホームを手に入れるための頭金を貯めようと、家賃の安い団地や社宅に住む人にとって悩みは多いもの。

一級建築士のしかまのりこさんは、上手に家具を選択し家具レイアウトを変えることで、そうした悩みを解決できると言います。

今回は、団地サイズの2DKに暮らす4人家族から相談された「小学校に上がる子どもに部屋を与え、自立環境を整えたい」という事例をもとにスケッチや3Dを使って解説します。

4人家族で6畳3間の2DK。なんとか子どもたちの自立環境を整えてあげたい!

相談者プロフィール

  • 女性、34歳、会社員
  • 同居家族:夫、36歳、会社員。子どもは長女9歳と次女6歳
  • 住居形態:賃貸2DK

相談内容

  • 戸建を購入したいため、しばらくは家賃の安い団地に住んで貯金を続けたい
  • 春から長女が小学4年生、次女が小学1年生にあがるため、それぞれに勉強机などを置いて、子どもの自立環境を整えてあげたい
  • 今はモノが多く、休みの日にまとめて掃除をする状態。モノを少なくシンプルにして、掃除や片付けの手間を減らしたい

ビフォー:収納が足りないキッチン、家具に占領されたリビングと問題山積

団地サイズの2DKのプラン図

上の図は、現在お住まいの賃貸2DK間取りの様子です。ダイニングキッチン・リビング・和室それぞれ6畳になっており、現在は和室に布団を敷いて、家族4人、川の字になって、仲良く就寝されています。

団地サイズの2DKで暮らす、4人家族の現状の住まい方

こちらの図は、現在の家具レイアウト、ビフォーの様子です。
間取り図にある矢印は、扉の位置になります。

相談内容にあったように、現在は、全体的にモノが多く散らかり放題になっています。
ダイニングキッチンですが、収納家具の大きさもバラバラで統一感がなく、また収納量も少ないものを横並びに多く置いている状態です。
ダイニングテーブルは幅120㎝と、決して大きくはないのですが、テーブル回りに動線があるため、ぶつかりやすく圧迫感があります。
また、ごみストッカーの位置もコンロ前と悪く、たいへん狭く動きにくいダイニングキッチンになっています。

リビングですが、大き目のリビングテーブル、二人掛けソファとひとり掛けチェアのほか、リビング学習用の机が置かれています。しかし、6畳の空間にこれだけの家具は多すぎます。

和室ですが、布団を畳めば部屋が広く使えるというメリットがあります。
しかし、部屋が広いからと、洗濯物を干してしまうと、布団を敷いた状態ではかなりきゅうくつで、動きにくい部屋になってしまいます。

アフター:部屋の使い方を見直しアップデート!片付く快適な空間に

このような家具が大変多い状態で、さらに子ども用の勉強机を増やし、自立環境を整えることはとても難しくなります。

そのため、全体的な家具の見直しや、またレイアウトなどを変更して、住まいを整えることからスタート。
まずはじめに、現在の部屋の使い方を整理します。

2DKの部屋の使い方を変えて、リビングを夫婦の寝室と兼用に

上の図のように、リビングとして使っていた部屋は、リビング機能はそのまま、さらに夫婦の寝室としても使えるように、機能をアップデートします。

また家族の寝室として使っていた和室は、2人の子どもの部屋として整えます。

ダイニングキッチンですが、動きにくかった角のある長方形のダイニングテーブルとキッチン収納を見直し、動きやすく収納しやすいキッチンに模様替えをしました。

団地サイズの2DKが家具レイアウトの変更で大変身

こちらの図は、家具の見直しとレイアウトを変更して、部屋の模様替えをしたアフターの様子です。

リビングの二人掛けソファとひとり掛けチェアは、ソファベッド(ダブルベッド用)に買い替えます。そうすることで、昼夜はリビング、就寝時は夫婦の寝室として使うことができます。

また子どもがリビング学習をしていた机は、配置を変え、テレワーク用の机として再利用します。
大き目のリビングテーブルは、ソファベッドを広げた状態でも置き場所に困らないように、円形のリビングテーブルに買い替えました。

和室は、二段ベッドのほか、学習机と収納家具をそれぞれの子ども用に置いて、子どもたちが自分で片付けられるようにしました。

和室の物干しは浴室に。給気口を空けて、換気扇を回しておけば、空気の流れ道ができるため、雨の日でも洗濯物はよく乾き、室内の結露防止にも役立ちます。

ダイニングキッチンですが、スチールラックに収納ケースを置いて食品ストックや食器棚として使用。スチールラックは高さがあるため、通常のキッチン収納より収納量が倍増します。

また、高さのあるスチールラックを置くことで、収納スペースが小さくなるため、ゴミ箱も邪魔にならない位置にレイアウトすることができました。

ダイニングテーブルはφ90㎝のラウンドテーブルに買い替えることで、テーブル回りの動線が広くなり、動きやすくなりました。

団地サイズの2DKでもリビングのソファをソファ―ベッドにすると機能的になる

上の図は、リビングのソファベッドを広げて、ベッドにした様子です。

夫婦の寝室としても、無理なく使えることが分かりますね。

模様替えに相談者も感動。IKEAやニトリの家具で各部屋が生まれ変わった!

それでは、住まいがどのように変わったか?
ビフォーアフターの様子を3Dパースで確認してみましょう。

以前の狭苦しいダイニングキッチン

こちらは模様替えビフォーのダイニングキッチンの様子です。

家具を替えれば動きやすくスッキリしたダイニングキッチンになる

こちらは模様替えアフターの様子です。スチールラックを置くことで、収納量が増え、キッチン回りが片付きやすくなりました。

以前の散らかり放題のリビング

こちらは模様替えビフォーのリビングの様子です。

家具を替え、レイアウトも変えれば機能的なリビング兼夫婦の寝室に

そして、こちらが模様替えアフターの様子です。
機能的なソファーベッドを置くことで、家具を少なくすることができ、部屋は動きやすく広い印象になりました。

家族が川の字に寝ていた和室

こちらは模様替えビフォーの和室の様子です。

6畳の和室が子ども2人の子ども部屋に

子ども部屋からリビング兼夫婦の寝室を見る

そしてこちらが、模様替え後の和室の様子です。
和室を子ども部屋にしたことで、子ども自身が部屋を管理する能力が芽生え、子どもの自立をうながすことができます。

今回ご紹介した模様替えアイテムは、IKEAやニトリ、カインズなどネットショップで安価に購入できるものです。
子どもの進学と同時に、子ども部屋を用意してあげたい場合は、模様替えで住まいを整えてみてはいかがでしょうか。
きっと、お子様も喜びますよ!

模様替えのコツ!リビングダイニングに家具やラグ、観葉植物をどう置く?

大掃除に合わせて、模様替えでおしゃれなリビングダイニングを実現する

コロナの収束も見えず、引き続きテレワークなどで家で過ごす時間が多くなりそうです。そこで、LDKをもっと快適な場所にしてみませんか?

家具の位置を変えて広く感じる部屋に。ラグや観葉植物、間接照明などで、殺風景な印象から行けてるインテリア空間に早変わり!

今回は、一級建築士のしかまのりこさんに3Dを使って、リビングダイニングをおしゃれにする模様替えを、6つのステップに分けて教えてもらいました。

大掃除と一緒に、手軽な模様替えに挑戦する手もアリかも!

1.手っ取り早く効果があるのは、家具の配置を変える模様替え

模様替えでいちばん手っ取り早く効果があるものが、「家具の配置変え」です。
コツとしては、リビングダイニングでは、ソファやダイニングテーブルの位置を、個室ではベッドや机の位置を、大胆に変えてみます。

模様替えする前のリビングダイニング

こちらは、模様替え前のリビングダイニングの様子です。ダイニングテーブルとソファが、きちんと並べられていますね。

しかし、ちょっと気分を変えたい!場合は、「家具の配置変え」が簡単で有効です。そこで、さっそくですが、ダイニングテーブルとソファの位置を変えてみました。

家具の位置を変えたリビングダイニング

家具の配置を変えた、模様替えアフターの様子です。ダイニングテーブルは壁につけてみました。またソファとTVの位置を入れ替えてみました。

もしTVを入れ替えた位置に、TVアンテナがない場合は、Wi-FiやDLNAをつかったTVの視聴方法も検討してください。

家具の配置を変えただけで、リビングダイニングがスッキリ広くなる

家具の配置を変えただけで、見慣れたリビングダイニングがスッキリ広くなりましたね。
イメージも変わり、簡単に気分転換がはかれます。

2.家具の配置を変え+ラグを敷くと、おしゃれ度アップ

さらに模様替えを楽しみたい場合は、床にラグを敷きます。

ラグを敷く場所は、ソファ前とダイニングテーブルの下が一般的です。色の選び方は、床が白系など明るい色であれば濃い色のラグを、反対に、床が濃い色の場合は白や黄色などの明るい色のラグを選ぶとよいでしょう。

ラグは、特に冬場足元の寒さ対策には有効ですが、ハウスダストの温床にもなるので、毎日の掃除機掛けは欠かせません。家族にアレルギーのある方がいる場合は、注意が必要です。

家具の配置を変えソファの下にラグを敷く模様替え

こちらは、ソファの前に、ラグをプラスした様子です。ラグの大きさは様々ですが、ソファの幅やダイニングテーブルの幅に合わせて選ぶと大きすぎず失敗がありません。

ラグを敷いただけでリビングダイニングがおしゃれに

ラグを敷いただけでも、かなり部屋はおしゃれになります。

3.部屋がまだ殺風景な場合は観葉植物が効果的。でも置き方に注意を!

部屋がどことなく殺風景な場合は、観葉植物を置くだけでもインテリア性がアップします。
その観葉植物を選ぶ際の注意点は、高さになります。背が高い植物を選びたい場合は、すこし圧迫感が出るため、部屋の対角奥に置きましょう。部屋の奥行きが出て、圧迫感が避けられます。

背の低い植物は、スツールやサイドテーブルなどに載せて飾って。そのまま床に置く場合は、隣接する家具の高さに合わせましょう。

背の高い植物としてはウンベラータやオーガスタ、背の低いものとしては、サンスべリアやスパティフィラムが、育てやすくおすすめ。サンスベリアは、NASAの研究で空気清浄効果に長けた植物であることが分かっています。

ラグを敷いたリビングにディフェンバキアカミーラをプラス

先ほどのリビングに、ディフェンバキアカミーラをプラスしてみました。

観葉植物をプラスするだけで、部屋がおしゃれに

観葉植物をプラスするだけで、部屋がやさしくなります。

4.夜の時間を楽しみたければ 間接照明も有効!

夜の部屋時間を楽しみたい場合は、間接照明も有効です。
間接照明といっても、フロアライトのようなしっかりした照明から、LEDライトチェーン(ヒモのような形状でコードが目立ちにくい照明)まで様々です。

電源コードが目立つと、部屋の雰囲気は壊れやすくなります。そのため、コードは目立たないようにコンセント近くに照明を置くなどの工夫をしてみましょう。

家具の配置を変えたリビングダイニングに、フロアライトをプラス

こちらは、家具の配置を変えたリビングダイニングに、フロアライトをプラスした様子です。

フロアライトはリモコンで明るさを調節できるものがおすすめ

フロアライトはリモコンで明るさを調節できるものにすると、部屋のムードづくりに有効です。

5.絵画やポスター、テキスタイルを飾ると部屋に個性が生まれる

画やポスターを飾ると、部屋はとてもおしゃれになります。
絵やポスターを飾る場所は、自由に自分の感性で見つけて、その壁にフックを取り付けて飾ります。
飾り方は、壁の面積が狭い場合は、比較的大きめの画を1枚飾り、壁が大きい場合は画を数枚組み合わせて飾ります。
賃貸など壁にフックを取り付けられない場合は、壁に立てかけて床においてもよいですね。

絵画やポスターを飾ると部屋に個性が出てくる

こちらのリビングでは、部屋の奥と、TVサイドの壁に画を飾ってみました。

模様替えして画を飾れば、部屋に個性が出てる

飾る画はポスターでもよいですが、例えば好きなテキスタイルを額縁に入れて飾ってもOKです。画を飾れば、部屋に個性が出て、とてもおしゃれな空間になります。

6.DIYが得意なら、アクセントクロスを貼るのも効果的

賃貸では難しいかと思いますが、市販の壁紙をアクセントクロスとして壁に貼るという方法も。少し上級になりますがDIYができる方は、挑戦するのもアリです。

アクセントクロスを貼る場所は、柱や梁で囲われた壁や、TVやソファなどの家具を置く壁が効果的です。あくまでも「アクセント」なので、部分的に壁の色を変えます。

アクセントクロスを張ると、部屋がグンとおしゃれになる

TVボード後ろと、ソファ後ろの2か所の壁に、薄いブルーグリーンのアクセントクロスを貼ってみました。

アクセントクロスは薄いグレーやイエロー・グリーン・ブルーが部屋になじみやすい

選ぶ壁紙の色は、薄いグレーやイエロー・グリーン・ブルーが、どのような空間にもなじみやすく失敗も少ないです。

ビフォーアフターで見ると歴然!まったく違う印象に

最後に、模様替えを行う前と後の状態を、比べてみましょう。

模様替え前のリビングダイニング

上の3Dはビフォーの様子です。少し圧迫感があり狭い印象のリビングダイニングでしたね。白い壁も寒々しく殺風景でした。

模様替えでおしゃれになったリビングダイニング

模様替えにより、スッキリ広くなりました。空間もメリハリがついておしゃれに!イメージが明るく変わりました。
キッチンから見た模様替え前のリビングダイニング
キッチンから見た、リビングダイニングのビフォーの様子です。
キッチンから見た模様替え後のリビングダイニング
模様替えしたあとは、おしゃれになって、気分も上がりますね。

今回ご紹介した模様替えアイテムは、ネットショップやホームセンターなどで、簡単に購入できるものです。大掃除のついでに、自分でもできそうな模様替えからトライしてみてはいかがでしょうか?

きっと新鮮な気持ちで、新年を迎えることができますよ!

広い部屋のつくり方。カーテンや家具の色が変わると、感じ方がここまで違う

部屋を広く見せたいなら、家具の色がポイント
大掃除の季節。部屋がスッキリ片付いたら、ついでに模様替えしたいと思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

一級建築士のしかまのりこさんのもとにも、狭さを解消する模様替えの相談が増えているそうです。
広く感じる部屋にするポイントは「色」だそう。

家具の色を変えたことでこんなに変わった!という事例を3Dを使って紹介してもらいました。

広くない部屋だと、収縮色の家具は高級感より暗く狭い印象に

色の濃い高級感のある家具でレイアウトしたリビングダイニング

こちらの部屋は都心戸建て1LDKのリビングダイニング部分です。ひとり暮らしをされていらっしゃる相談者は、色の濃い高級感のある家具に憧れがあり、入居時にお気に入りの家具を購入されました。

しかし、実際に家具を置いて生活してみると「部屋が暗く、狭く感じる」ため、元気が出るような明るい部屋への模様替えをご希望でした。

色の濃い高級感のある家具を置き、狭く感じるリビングダイニング
チェストや本棚、TⅤボードやテーブル・ソファなどの家具はもちろんカーテンまで暗く濃い色に統一されています。
カーテンまで暗く濃い色に統一され、狭く感じるリビングダイニング

このような暗く濃い「収縮色」のコーディネートは、広い部屋では高級感を演出できます。しかし、あまり広くないリビングダイニングでは、高級感よりも暗く狭い印象を受けてしまいます。

部屋が狭く見えるのは壁紙や家具、カーテンなどの色の影響が大!

部屋が狭く見える原因は、第一に、間違った家具レイアウトによることが挙げられます。しかし、部屋が狭く見えるのは、家具レイアウトだけではありません。

それは壁紙や家具、カーテンなどの「色」です。一般的に白など明るく薄い色は「膨張色」、黒など暗く濃い色は「収縮色」と言われています。

膨張、収縮の言葉からもうお分かりかと思いますが、部屋の空間に白などの「膨張色」を使えば、部屋は広く膨らんで見えます。また逆に黒などの「収縮色」を使えば、部屋は狭く締まって見えるのです。

住宅の壁や天井の壁紙に白や薄い色が多いのは、この「膨張=広く見える」効果を狙っているのです。
一方、ホテルなどの商業施設の壁や天井に茶色や濃い色が多いのは、「収縮=締まって見える」効果をねらい、高級感を演出するために広い空間がぼやけないようにしているのです。

それでは、家具の色使いでどれだけ部屋のイメージが変わったかを見てみましょう。

膨張色を基調に、暖色系をポイントに入れると広く心地よい空間に

部屋を明るく広く感じるように、家具やカーテンなどの「色」を変える

そこで、部屋を明るく広く感じるように、家具やカーテンなどの「色」を変えてみました。

チェストや本棚、テーブルやソファなどの家具やカーテンを、大きさはそのまま、色だけをベージュや白などの薄い色に変えました。

圧迫感のあったテレビボードは白にして、扉も透明ガラスに
テレビボードは高さが1m50㎝もあるため、白いものにするだけでは圧迫感が残ります。
そこで家具本体は壁と同じ白にするだけでなく、収納扉が透明ガラスのものを選び、軽さを出しました。
同じ部屋、同じ大きさの家具でも、色の違いだけでイメージが大きく変わる

家具やカーテンなど部屋のすべての色をベージュや白などの「膨張色」にしてしまうと、部屋は広く明るい印象に。しかしそれだけだと全体が膨らみすぎて少しぼやけてしまいます。

そこでリビングチェアとソファクッションを、ベージュと同じ暖色系の黄色やオレンジにして、空間にポイントを置きました。

また、リビングチェアを部屋奥に移動したことで、チェストは壁際に寄せ、本棚は冷蔵庫側面を隠すようにレイアウト。最後に、少し背のあるフロアランプを、部屋入口から対角の隅に置くことで、空間に奥行きを出しました。

同じ部屋、同じ大きさの家具でも、色の違いだけで、これほどイメージを変えることができます。部屋が狭いと感じている場合は、模様替えと一緒に、家具の色を見直してみてはいかがでしょうか

自宅を機能的にする!家具レイアウト


以前に比べテレワークや自宅学習などの在宅時間が増えています。
それにともない、一級建築士のしかまのりこさんのもとにも、もっと快適に過ごせるよう、スペースをつくって欲しいという相談が増えているそうです。

すでに家を持っている人などでも、家具などのレイアウトを変えることで、心地よさがグッとアップします。快適なスペースをつくるためのアイデアを、3Dを使って紹介してもらいました。

リビングで実現!プリンター置き場を設置したテレワークスペース

LDKにプリンター置き場を設置したテレワークスペースをつくる

コロナ禍でニーズが増えたものが、プリンター置き場を設置したテレワークスペースです。
こちらの3Dモデルのリビングには、幅1m×奥行50㎝ほどのコンパクトなデスクを、一角に設置しています。机の前には、幅90㎝の突っ張り式スペースラックを設置して、本棚にしています。

このテレワークスペース、コンパクトなのでリビングに設置しても邪魔になりません。子どもが小さい期間は、リビング学習スペースとの兼用も可能です。

テレワークスペースがあることで、ダイニングテーブルに散らかりがちな本や雑誌、文具や書類などの収納場所にもなります。
また、プリンターを設置することで自宅での仕事の効率がアップします。

キッチン回りに設置したい!ウォーターサーバー置き場

キッチンの近くに置きたいウォーターサーバー

おいしい冷水や温水がいつでもすぐに使えたり、重たい水を買ってくる必要がないというメリットから、ウォーターサーバーを利用する人も多くなりました。

ウォーターサーバーは調理台の横か後ろに設置すると動線がスムーズ
こちらは、キッチン収納の横に設置したウォーターサーバー。ウォーターサーバーは、調理で使うことも多く、キッチンに置くことが理想的です。キッチン調理台の横か後ろに設置できれば、邪魔にならず動線がスムーズになります。

ウォーターサーバーは電気で動くため、コンセントも必要になります。そのため、新築やリフォームの際は、あらかじめ設置場所を検討するとよいでしょう。

洗濯物を各部屋に収納する手間が省ける!LDKのファミリークロゼット

洗濯物を各部屋にしまう手間が省けるファミリークロゼット

日本の家庭でも、共働きが主流になってきました。しかし、家事はいまだ女性が多くを担っており、女性の負担は増える一方です。そこで少しでも家事をラクにするために考えられたものが、ファミリークロゼットです。

ファミリークロゼットとは、家族の衣類を1か所にまとめて収納するクロゼットのこと。このLDKにファミリークロゼットがあることで、洗濯物を畳んだあとに、子ども室や寝室などの各個室に収納する手間が省けます。

リビングの一角に家族の衣類を1か所にまとめて収納するファミリークロゼットをつくる

こちらの間取りでは、リビングと和室の動線上にディノスのハンガーラックを使ったファミリークロゼットを設置しました。

ファミリークロゼットになるハンガーラックを置く場所は、部屋の動線上が邪魔にならず便利です。市販のハンガーラックを置くことで、簡単にファミリークロゼットが設置できます。

家族のコミュニケーションがスムーズに!リビングのホワイトボード

ホワイトボードを家族の集まるリビングに設置

両親は共働きで、子どもは塾に習い事と、家族がそれぞれに忙しい時間を過ごしているご家庭だと、すれ違いも多くなりがち。そんなときに活躍するのがホワイトボードです。

家族の予定や伝言しなくてはいけないことを書き込んだり、学校からのお便りや集金袋などをマグネットやピンで留めておけます。
このホワイトボードですが、家族の集まるリビングに設置すると便利です。

LDKの壁をリビング学習コーナーにして、そこにホワイトボードを設置した例

こちらはLDKの壁をリビング学習コーナーにして、そこにホワイトボードを設置した例です。大人のパソコンコーナーとしても使えるスペースにホワイトボードがあり、家族のコミュニケーションがスムーズに図れます。

最近ではいろいろな種類のホワイトボードが販売されていますが、壁に貼ってはがせるホワイトボードシートを使いました。

自由な大きさにカットできるので、場所をとらず設置できます。このホワイトボードシートには、鉄粉の入った磁石がつくタイプのシートもありおすすめです。

リビングに子どもの写真を飾るおしゃれなコーナーをつくりたい

リビングにおしゃれな写真を飾るコーナーをつくる

子どもの成長は、両親にとって大きな喜びです。部屋に写真を飾るスペースを設ければ、いつでも子どもの成長ぶりを確認することができます。しかし、子どもの写真を飾るコーナーは、写真によっては生活感や雑多感が出てしまいがちです。

写真を飾るおしゃれなコーナーをつくるためのポイントは以下の3つです。

  1. コーナーの壁紙の色を変える
  2. スポットライトを設置して、光をあてる
  3. 額のサイズをバラバラにして、ディスプレイを工夫する

リビングの壁紙の色を変えてつくった、おしゃれな写真を飾るコーナー

こちらはリビングの壁に設置された、写真を飾るコーナーです。コーナーの壁紙の色をグレーにして、サイズのバラバラなブラックフレームに写真を入れて飾りました。

この写真を入れるフレームですが、種類は木製やアルミ製・樹脂製などがあります。素材を統一すれば、多少色が違っていても統一感が生まれ、おしゃれにディスプレイできます。

【連載】子ども部屋を2人でどう使う?5畳~9畳和室・洋室の使い方実例

子どもの数だけ子ども部屋を用意できない・・・という悩み


子ども部屋は子どもの数だけ用意できれば良いですよね。しかし家の大きさや金銭的な問題もあり、すべての家庭で子どもの数だけ子ども部屋を用意できるとは限りません。

そんなときは動線を整理し、うまくお部屋を整えれば子ども部屋が1つでも兄弟姉妹で仲良く使える方法があります。

今回は子供部屋を2人で使う場合についてのポイントや実例などをご紹介します。

 

1つの子ども部屋を共同で使う!メリットとデメリット

 

子ども部屋を兄弟姉妹で一緒に使うメリット

  • 1つのお部屋を一緒に使うことで、協調性が育つ
  • 1つのお部屋を自分たちで工夫して使うことで、思考能力が養われる
  • 建物の規模が小さくなるので、購入価格が下がる

などがあります。

 

子ども部屋を兄弟姉妹で一緒に使うデメリット

  • 子ども一人一人のプライバシーがない
  • 異性の場合は、思春期以降は間仕切るなどの配慮が必要
  • 空間の切り分けが明確でないため、家具の配置によっては動線が難しくなる
  • ふたりの家具を置くため、部屋が狭くなる

などがあります。


では、どのように配置すればデメリットを少なく配置できるのか?実例を見ながら考えてみましょう。

 

お部屋の使い方実例
 

5畳洋室の場合

5畳洋室の場合

出典:https://folk-media.com/

こちらは5畳洋室の家具レイアウトです。5畳と決して広くはない子ども部屋ですが、幅100㎝×奥行200㎝の2段ベッドもラクラク置けます。

 

配置ポイントは、

  • 窓に沿って横並びに置く
  • デスクの上置きなどは使わない
  • 収納を別に設置する

などです。

 

5畳洋室の場合2

出典:https://folk-media.com/

上図のようにデスクを横並びにすることで、動線がシンプルになります。

 

5畳洋室の場合3

出典:https://folk-media.com/

さらに部屋を広く使いたい場合は、敷布団にするのも方法の一つです。上図のようにベッドから敷布団にしただけで、布団を敷いていないときは部屋を広く使えます。

 

 

6畳和室の場合

6畳和室の場合

出典:https://folk-media.com/

こちらは6畳和室の家具レイアウトです。リビングに隣接する和室を子ども部屋としてお使いになるご家庭は大変多いですが、子ども二人で使う場合はその間取りから動線が増えるため家具レイアウトが難しくなります。

 

6畳和室の場合2

出典:https://folk-media.com/

上図はリビングから見た様子です。

 

配置ポイントは、

  • 2段ベッドはその大きさから壁に配置し、壁と同じ色にして圧迫感を抑える
  • 収納をベッド周りに設置する

などです。

 

6畳和室の場合r

出典:https://folk-media.com/

上図のように2段ベッドの高さに合わせハンガーワゴンを設置したので、リビングからは目立ちにくくなっています。また対面する押入れと一緒に収納ゾーンを形成しています。



 

7畳洋室の場合

7畳洋室の場合

出典:https://folk-media.com/

こちらは7畳洋室の家具レイアウトです。壁と窓が明確に分かれているため家具配置のしやすい間取りです。

 

7畳洋室の場合2

出典:https://folk-media.com/

配置ポイントは、

  • 収納/就寝/学習の空間を分ける

などです。

また2段ベッドは、家族構成の変化に対応できるように、分割できるものを選びます。

 

7畳洋室の場合bn

出典:https://folk-media.com/

また収納ですが、お子さまが小さいうちは上図のようにクロゼットの扉を簡易的に外して使うことでお片づけのしやすい子ども部屋になります。



 

9畳洋室の場合(間仕切り可能な広さ)

9畳洋室の場合(間仕切り可能な広さ)

出典:https://folk-media.com/

こちらは9畳洋室の家具レイアウトです。扉は1つでも9畳もあれば間仕切りが可能な広さになります。また2段ベッドではなく、シングルベッドもそれぞれに置けます。

 

配置ポイントは、

  • 扉を中心に空間を分け、家具配置する
  • 間仕切りとして使用可能な家具(家具裏面も化粧仕上げの家具)を購入する

などです。

 

9畳洋室の場合(間仕切り可能な広さ)

出典:https://folk-media.com/

上図は1部屋を2人で使っている状態です。お子様が小さいうちは、あえて間仕切る必要はありません。

 

9畳洋室の場合(間仕切り可能な広さ)v

出典:https://folk-media.com/

こちらは、先ほどのお部屋にカーテンを取り付けた様子です。カーテンにより、簡易的ですが部屋を間仕切ることができます。

 

9畳洋室の場合(間仕切り可能な広さ)bhj

出典:https://folk-media.com/

上図のように、お部屋入ってすぐに左右に分かれそれぞれの空間に入ることができます。



 

子ども部屋を2人で使うポイントは2つ



いかがでしたか?子ども部屋を2人で使うポイントは、空間(収納/学習/就寝)を分けること。2段ベッドを使う場合は、分割可能で目立たない色を選ぶことが重要です。

模様替えの秋に、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

団地サイズの2DKでも広々!テレワークもできる家具レイアウト術をプロが伝授


最近、団地が人気です。家賃を抑えて快適に暮らしたいと考える人たちには絶好の物件。

しかし団地は、家賃が安い反面、その間取りと狭さから、家具のレイアウトが難しいというデメリットもあります。

そこで今回は、団地の間取りに多いコンパクトな2DKを広く機能的に使う家具レイアウトを、一級建築士のしかまのりこさんに3Dを使って教えてもらいました。

コンパクトなマンションに住んでいる人にも役立つ、なるほどのアドバイスは要チェックです。
 

日本のLDKの始まりは団地の2DK。家賃の安い古い物件では多い間取り
 

日本の住宅の間取りは、狭い空間を効率的に配置して、無駄がなく機能的にできています。その間取りの、最たるものがLDKです。

このLDK、今でこそ2LDKや3LDKなど、さまざまな間取りがありますが、その始まりは、団地における2DKでした。2DKとは、洋室2つに、D(食事室またはダイニング)とK(台所またはキッチン)が付いたものを表します。

2DKは古い物件に多く、コンパクトなので家賃が安いというメリットがある反面、以下のデメリットがあります。

  • 居住空間が狭い
  • 収納スペースが少ない
  • キッチンとダイニングが分かれていないため、家具のレイアウトが難しい


では、このデメリットを解消する3つの家具レイアウトを解説していきます。

 

DKにダイニングテーブルを置く場合は簡易的に空間を分け、収納を増やす
 

団地の一般的な2DKの間取り



こちらはDKが6.5畳、4畳と4.5畳の洋室が、扉を挟んで隣接している2DKの間取りの3Dです。

ここに家具をレイアウトしていきます。レイアウトする家具とサイズは以下の通りですが、読み飛ばしても問題ありません。

  • ソファ…幅156cm、奥行76㎝、高さ75cm
  • TVボード…幅150㎝、奥行41.4cm、高さ48cm
  • TV…液晶50インチ
  • シェルフ…幅82cm、奥行42.5㎝、高さ120.5cm
  • スチール棚…幅60㎝、奥行40cm、高さ150cm
  • ダイニングテーブル…幅120㎝、奥行80cm、高さ64cm
  • ダイニングチェア…幅60㎝、奥行62cm、高さ84cm
  • 収納付きセミダブルベッド…幅125㎝、奥行215cm、高さ70cm
  • 円形ラグ…φ150cm、高さ2.5cm

     

団地の一般的な2DKの間取りに家具を配置



家具レイアウトで一般的なレイアウトは、図のように、DKにダイニングテーブルを設置することです。
キッチンで料理して、そのまま、同じ空間で食事ができます。


キッチンとダイニングを突っ張り間仕切りとキッチン収納でゆるやかに分ける



キッチンとダイニングを簡易的に分け、収納を増やすために、図のように、突っ張り間仕切りで空間を分け、スチール棚でキッチン収納をつくりました。

これでキッチンとダイニングの動線も、明確に分かれます。

 

ダイニング側の突っ張り仕切りには鏡やバッグ、アクセサリー類を置く



突っ張り間仕切りには、出がけに身だしなみをチェックする鏡や、バッグを掛けられるようにし、腕時計やアクセサリーなどを置いて置ける棚を付けると便利です。
 

キッチン側にはスチール棚のキッチン収納を配置。棚の高さが自由に変えられるものを選べば、収納ケースなどをセットし、食器や食品などを効率よく収納することができます。

これでキッチンとダイニング空間が分かれ、動きやすい部屋になります。また収納が増えたことで、片づきやすいDKになります。

 

リビングをダイニング兼用にすれば、従来のDKでテレワークができる

 

リビングにダイニングテーブルを置くケース



食事をしながらTVを見たい人に好ましい、リビングにダイニングテーブルをレイアウトするケースです。ここでは、小さいほうの個室を寝室とし、4.5畳の広いほうの個室をリビングとして使います。

リビングにはダイニングテーブルのほか、TV・ソファをレイアウトしました。

 

従来のDKにはワークテーブルを置き、テレワークができる空間に



そして従来のDKには、空間分けも兼ねて、幅120㎝・奥行き40㎝ほどのワークテーブル(パソコンテーブル)をレイアウトします。

このワークテーブルがあることで、快適なテレワークも実現できます。出社などで急いでいるときなどは、ダイニングテーブルではなく、ここで簡単に軽食を食べることもできます。

 

リビングとDKをつなげて一室空間のLDKにすれば、視界が開け広々!
 

リビングとDKをつなげると広々として空間に



部屋を広く見せたい場合は、リビングとDKの扉を開け放して1部屋として使います。

こちらの間取りの場合、DKとつながる4畳の洋室をリビングとして使い、外せるようであれば部屋の扉を外し、クロゼットなどにしまっておきます。

 

DKとリビングの間の扉を外して1室にすると広く使える



光熱費は少しアップしますが、部屋は図のように、とても広く使えます。

 

キッチン側からリビングを見たところ

リビングからDKを見たところ



扉を外すことで、4畳のリビングにも、実際の面積以上の広がりが生まれました。

2DKの家具レイアウトで大切なことは、ダイニングとキッチンを分けることです。そうすれば、家具のレイアウトが簡単になり、また収納も増やすことができます。


今回プランに使った、突っ張り間仕切りや、スチール棚などはホームセンターやネットショップなどでも簡単に購入できます。

2DKでの生活を考えている方は、参考にしてみてください。

 

カーテン選びは部屋の模様替えのカギ。ぴったりの色の見つけ方をプロが解説



家時間が長くなり、LDKの模様替えして、気分転換をしたいと考えている人も多いのでは。実は、カーテンの色を変えることが効果的です。一級建築士のしかまのりこさんが、カーテンの色選びでLDKのイメージがどれくらい変わるか3Dモデルを使って解説します。

ソファやダイニングテーブルなどの家具を買い替えや、レイアウトを変えるのはコストや手間もかかるもの。一方、カーテンを替えるだけなら、そのハードルはだいぶ下がります。参考にして、あなたの部屋にぴったりな色を見つけましょう。
 

モノトーン:狭い部屋には黒は不向き。広く見せるには白系がおすすめ
 

2面に大きな窓のある10畳のリビングダイニング


こちらはマンション10畳のリビングダイニングの3Dイメージです。ソファ後ろには、幅3m50㎝とかなり大きめの腰窓があります。また、バルコニーへ出る掃き出し窓は、こちらも幅3mと大きなものです。

このように大きい窓のある部屋では、特にカーテンが部屋に与える影響が大きくなります。

 

狭い部屋を明るく開放感のあるイメージにするには白系のカーテンがおすすめ



白系のカーテンは汚れが目立つため、小さい子どもがいる家庭では敬遠されがちです。しかし部屋が広く、明るく見えるという効果があります。

狭い部屋を明るく開放感のあるイメージにしたい場合にはおすすめの色です。

 

黒系のカーテンは圧迫感があるので、狭い部屋には不向き



応接室やホテルやレストランなどで使われる場合が多いのが、この黒系などの濃いカーテンです。

部屋は少し暗くなりますが、重厚感とともに高級感を与えます。しかし、よほど広い部屋でないと、圧迫感が出て狭く感じてしまいます。

 

寒色系:パープルやブルーは小物との色の組み合わせで印象が変わる
 

グレーのカーテンを選ぶなら、無地よりはチェックやストライプなどの柄があるほうがおすすめ



グレーのカーテンは汚れが目立ちにくく、また黒系ほど圧迫感もないため、無難で失敗の少ない色です。

しかし、無難なぶん個性に欠けるため、無地よりはチェックやストライプなどの柄があるほうが、おしゃれにまとまりおすすめです。

 

パープルのカーテンにすると、部屋が個性的になり、気品のある空間になる



パープルのカーテンは、部屋が個性的になり、気品のある空間になります。
また、クッションなどの小物は、ブルーなどの寒色系から黄色などの暖色系まで合わせやすく、小物によって部屋のイメージを変えることもできます。

 

ブルーのカーテンはフローリングとの相性もいい

濃いめのブルーのカーテンでも木の色との相性はいい



ブルーのカーテンは、床の色合いが明るい場合はもちろん、色合いが暗い場合にもうまくマッチします。

また、フローリングや木製家具の木目などとも相性がよく、クールで若々しい印象を与えます。ただ寒々しくもなるので、特に冬は黄色やオレンジなどのクッションを置いて、暖かさをプラスしましょう。

 

暖色系:赤は飽きやすい色。もし選ぶなら慎重に検討を
 

赤色のカーテンは、暖かく活発な印象を与える



赤色のカーテンは暖かく活発な印象を与えてくれます。またブルーのカーテンと同じく、床の色合いが明るい場合はもちろん、暗い場合もうまくマッチします。
しかし、飽きやすい色でもあるので、彩度や明度の高いものや、大柄なものは避けるなど慎重に検討しましょう。

 

グリーンのカーテンは、和室でも洋室でもマッチする



グリーンは、和室から洋室と幅広くマッチする色で、失敗の少ない色の一つです。
また木目や観葉植物などとも相性がよく、部屋に落ち着いた印象を与えます。

 

イエローのカーテンはゴールドや黒、ブルーのクッションや小物と合わせると、高級感が出る



イエローのカーテンは部屋を明るくしてくれます。
またイエローは中世貴族の色としても使われた高貴な色でもあり、ゴールドや黒、ブルーのクッションや小物と合わせると、高級感が演出できます。

 

オレンジのカーテンは元気を与えてくれる



オレンジは、ビタミンカラーともいわれ、元気を与えてくれます。
仕事が忙しかったり、人間関係にストレスを感じている人は、カーテンをオレンジに変えてみてはいかがでしょうか。

 

アースカラー:ベージュは安っぽく見えがち、柄や生地にこだわって
 

ブラウンのカーテンは高級感もあり汚れも目立たない



ブラウンは、高級感もあり汚れも目立たないため、大変人気な色です。
しかし、紫外線などで色があせてくると、安っぽい印象を与えてしまいます。カーテンには裏地をつけ、西日の当たる窓は避けるなどの注意が必要です。

 

ベージュのカーテンを選ぶときは安っぽく見えないよう、生地や柄にこだわる



ベージュのカーテンはどのような空間にも似合い、また部屋も広く見えるもっとも失敗の少ない色です。
しかし、カーテンの生地によっては個性がなく、また安っぽく見えてしまいます。ベージュのカーテンを選ぶ際には、柄や生地にこだわるなどの配慮が必要です。

 

柄物:大きすぎない柄を選び、生地の色は白かベージュを
 

柄物のカーテンを選ぶときは、柄があまり大きくないものを選ぶ

柄物のカーテンは、白やベージュの生地を選ぶと無難

柄物のカーテンを選ぶときは、柄が目立ちすぎないものがいい


柄物のカーテンを選ぶときは、あまり大柄なものは避けた方が無難です。
大きな柄だとカーテン生地のつなぎ目の柄ずれが目立ってしまうからです。また柄が目立ちすぎると、部屋に落ち着きがなくなり、うるさく感じてしまいます。

柄物のカーテンを選ぶときは、大きすぎない柄を選び、生地の色は白、ベージュを選びましょう。


 

カーテンの模様替えは、家具の買い替えなどと違い、比較的、手軽にできます。在宅時間が増えた今年の秋は、カーテンの模様替えで、気分転換を図ってみてください。

これからのLDKは「多機能&可変性」が成功のコツ!ステイホームを快適にするLDKレイアウト術

LDK

家族の在宅時間が増えた今、住まいは「暮らす場所」としてだけでなく、「働く場所」「学ぶ場所」としての役割も求められています。

個室を用意するのもいいけれど、家族の気配を感じながらそれぞれがLDKで快適に過ごすには?

課題は、物が増えて散らかりがちなLDKをすっきり片付けやすく保つこと。
そして、限られた空間を「シーンに合わせて」使うこと。

そんなレイアウトのお悩みを、一級建築士・模様替え作家のしかまのりこさんに相談しました。

いまLDKに求めるものは、機能性と可変性

ステイホーム期間を通じて、これからの暮らしに必要な家具やレイアウトを見直す人が多かったのではないでしょうか。

特にいま、「在宅勤務のスペース」を確保するニーズと、リビング学習への関心の高さから、LDKにデスクを備えたプランは定番となってきました。

そんな中、しかまさんのもとには「散らかり放題のLDKをなんとか片付けて、お部屋を広く使いたい!」というお悩みが届いているそう。

「部屋を片付けやすく、また無駄なく広く使えるように」と、今回しかまさんが提案したのは3つのパターン。

では、さっそくチェックしてみましょう。

【実例1】 壁面収納とダイニングソファですっきり

ダイニングテーブルがデスク代わりになり、子どもの勉強道具や、在宅ワークの資料や本があふれてしまった約11畳のLDKを例に、解決法を考えてみましょう。

しかまさんがプロの視点で、部屋の圧迫感を抑えながら「収納力アップ」と「作業スペースの確保」を叶えてくれました。

BEFORE
●悩み

  • ステイホーム中に物が増えてしまったため、収納が足りず、うまく片付かない
  • 定番サイズの家具を選んでいるのに、どこか圧迫感がある
  • リビング学習や在宅勤務のスペースを、ダイニングテーブルとは別の場所に用意したい

片付かないLDK

片付かないLDKのレイアウト

AFTER
●解決策

  • ソファとダイニングの役割を1つでまかなえる「ダイニングソファ」を配置
  • 視界を遮る「食器棚」をカウンターに変更
  • 大型の「壁面収納」を備え、リビングの細々したものを魅せる&隠して収納
  • カウンターと並べて、奥行きのコンパクトな「デスク」を設置

すっきり片付いているLDK

すっきり片付いているLDKのレイアウト

ダイニングセットとソファ、2つの役割を兼ね備えた「ダイニングソファ」を選べば1つの空間でおさまります。
そして空いたスペースには、「作業用」に特化したデスクを置くことも可能に。

また、キッチンの目隠しに役立っていた「食器棚」は圧迫感があるため、背の低いカウンターに変更。
視界を遮るほどの大きな家具が減ると、部屋が広くみえます。

「収納力」の確保には、大型の壁面収納を設置。
キッチンと統一感のあるデザインを選べば、見た目も機能も大満足です。

 

キッチンと壁面収納のデザインが揃う!クリナップ 「CENTRO」で解決

【実例2】 「奥行き半分」のダイニングテーブルが便利!

転勤の都合などであまり家具を増やしたくない、部屋のスペースはなるべく空けておきたい、在宅勤務はあくまで一時的なもの、という場合もあります。

そんなLDKには「組み合わせ自在な家具を選ぶのがおすすめ」というしかまさん。

一般的なダイニングテーブルの半分ほどの、「奥行き40㎝」のテーブル2台を組み合わせたレイアウト例をご紹介します。

通常レイアウト

約11畳のLDKにソファやテーブルなどがすっきりと配置されています。
テーブルは2台を向かい合わせに配置して、一般的なダイニングテーブルのように利用します。
家族がにぎやかに食事を楽しめる、普段づかいのレイアウトです。

普段づかいのLDK

普段づかいのLDKのレイアウト

カウンターレイアウト

テーブル2台を横並びに配置すると、省スペースなカウンターテーブルに。
調理をしながら対面でおしゃべりをしたり、手軽に食事を楽しむ時にぴったりです。
また、広く空いた場所では子どもたちが遊んだり、ヨガなど軽い運動をするスペースにも使えます。

カウンターテーブルを使ったLDK

カウンターテーブルを使ったLDKのレイアウト

【実例3】 勉強&ワークスペースに早変わり

在宅勤務やリビング学習のために、しかまさんがおすすめしてくれたのが「L字型」のレイアウト。

専用のデスクを買い足さずに、レイアウトの工夫で対応できるなら無駄がありません。
例えば、2台使いならではの「L字型」の配置。一体どんなメリットがあるのでしょうか?

L字型レイアウトの活躍シーン

・在宅勤務で
パソコンを使用しながら、資料も置ける作業スペースもたっぷり確保。効率がアップします。
壁を背にすれば、オンライン会議の背景も気になりません。

・リビング学習で
低学年のうちは特に見守ることの多い家庭学習。
対面や横並びに座るより、子どもの手元が見やすく、声をかけやすい適度な距離を保てます。

L字型LDK

L字型LDKのレイアウト

もちろん、家族がそれぞれ1台ずつ好きな場所へ移動させて、集中して作業に取り組んでもいいですね。

シーンや間取りに合わせて、便利な場所で組み合わせてみましょう。

キッチンと統一感のある「リンクカウンター」に注目!

クリナップの「リンクカウンター」

今回、LDKの快適性をぐっと高めるような、家具のサイズを見直し&レイアウトのコツを教えていただきました。
リビング学習も、在宅勤務も「一時的なニーズ」と考えるなら、家具はコンパクトなものや汎用性の高いものを選び、使い道に余白を残しておくことがポイントになりそうです。

テーブル選びの際、キッチンまわりとの統一感にこだわるなら、国内大手のキッチン専業メーカー「クリナップ」のリンクカウンターに注目を。

リンクカウンター

「リンクカウンター」は、クリナップの最上級グレードキッチンCENTRO(セントロ)と素材が統一された、セラミックトップのカウンターテーブル。並べて配置するだけで、キッチンからそのまま繋がる造作テーブルのような一体感が生まれ、LDK空間をよりスタイリッシュに演出してくれます。

また40㎝のスリムな奥行きは、今回ご紹介したレイアウトにもぴったり。
ダイニングテーブルから、カウンターやL字型へと自在に組み替えながら、時には調理台、時にはデスクとして、無駄なく活躍するでしょう。

全国のクリナップショールームや、商品サイトでぜひチェックを。

 

クリナップ 「CENTRO」で、快適LDK空間をつくろう

Sponsored by クリナップ株式会社


 


 

 

 

リビングの模様替え、家具の配置はどう決める?おうち時間を気分転換

リビングの模様替えでリフレッシュ

自粛生活やテレワークにより、自宅にこもりがち。そんな人の気分転換には、リビングの模様替えがおすすめです。

失敗せずに、居心地よい部屋にしたいなら、家具のレイアウトが大切。理想のリビングのつくり方を、 3Dモデルを使って 、一級建築士のしかまのりこさんが教えてくれました。収納を増やした、テレワークがしやすい模様替えのアイデアも!

1.絵や観葉植物をプラスするだけでも、リフレッシュできる

9畳のLDの一般的な家具配置

こちらは、9畳のリビングダイニング(以下、LD)の間取りの様子です。レイアウトしている家具のサイズは以下を想定。

  • ソファ…幅180㎝×奥行80㎝×高さ75㎝
  • リビングテーブル…幅135㎝×奥行75㎝×高さ40㎝
  • TVボード…幅153㎝×奥行45㎝×高さ34㎝
  • TV…液晶50インチ
  • チェスト…幅90㎝×奥行35㎝×高さ77㎝
  • ダイニングテーブル…幅150㎝×奥行90㎝×高さ67㎝
  • ダイニングチェア…幅48㎝×奥行55㎝×高さ79㎝

広くないLDに対して、少しゆったり目の家具を置いているイメージです。
9畳のLDの壁際の家具配置

ビフォー

模様替えで、いちばん簡単な方法は、絵や観葉植物などのインテリアを部屋にプラスすることです。

LDに絵や観葉植物などのインテリアをプラス

アフター

整理ボックスが置いてあるチェストの上に絵や雑貨を飾ります。またTVボードとチェストは隣接して置かないで、少し空間を開け、その空間に、観葉植物をプラスすると、こんな感じに。

LDに絵や観葉植物などのインテリアをプラスし、リビング側から見る

絵や観葉植物をインテリアとしてプラスするだけで、おしゃれな部屋に模様替えできます。


 

2.ダイニングテーブルの位置を変えて、無駄な動線をスッキリさせる

今までのLDの家具配置

ビフォー

部屋の雰囲気を、さらに変えたい場合は、ダイニングテーブルの位置を変えてみるのもよい方法です。

ダイニングテーブルを壁に付ける

アフター

上図のように、ダイニングテーブルとチェストの位置を入れ替えてみます。

LDのダイニングテーブルを壁付けにして、チェストをカウンターのデッドスペースに移動

ダイニングテーブルは壁に付けることで、無駄な動線を省くこともできます。

またキッチンカウンター下にチェストを置くことで、デッドスペース(何にも使われていない空間)を収納空間として有効に使えます。

3.存在感のあるソファの位置を変えるとLDの印象が変わる

今までのLDの家具配置

ビフォー

ソファは、その大きさから、リビングに置いて存在感の大きい家具です。
そこで、部屋の雰囲気を変えたい場合は、ソファの位置を変えてみるのも方法のひとつです。

ソファの位置を変えてみる

アフター

上図のように、TVとソファの位置を入れ替えてみます。
移動したテレビの位置から見たLD

もしTVアンテナが、入れ替えた場所にない場合は、ゲーム機やDVDデッキを経由した、インターネット利用でのTV視聴方法を検討してみてください。

4.仕事しやすく、片付くように収納を増やす模様替えもおすすめ

今までのLDの家具配置

ビフォー

片付かないリビングに悩んでいる人には、収納を増やす模様替え方法もおおすすめです。
LDに収納を増やした場合の家具レイアウト

アフター

上図のように、キッチンカウンター下のデッドスペース(何にも使われていない空間)に、ニトリや無印良品で売られているような収納家具をプラスします。

ダイニングテーブルはソファに隣接してレイアウトし、リビングテーブルはサイドテーブルなどの小さなものに変えます。
また、チェストは邪魔にならないように、バルコニーへの動線上に配置します。

LDに収納を増やしスッキリ

ダイニング側に収納が増えたことで、散らかりやすいものの収納場所ができるようになります。

リビングでくつろいでいるときも、収納が目に入らない

ソファでくつろいでいるときは、収納が目に入りません。

収納を増やしても狭く感じないLD

収納を増えましたが、LDの狭さは感じられません。リビングスペースもスッキリしました。

長期化する自粛生活の中、「おうち時間」を前向きに楽しむためにも、リビングの模様替えにトライして、スッキリ気分転換を図ってみてください。


 



 

全国の書店にて販売中!


ご購入はこちらから


モバイルサイト

しかまのりこ COLLINO一級建築士事務所スマホサイトQRコード

しかまのりこ COLLINO一級建築士事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

COLLINO一級建築士事務所

東京都足立区小台1-21-1
一級建築士事務所登録 第61052
営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

お問い合わせ

事務所概要