COLLINO一級建築士事務所

~間取りから模様替え・インテリアまで~女性一級建築士が、住まいをトータルでサポート!

  • 5
  • 9
  • 6

HOMEブログページ ≫ 間取り ≫

ブログページ

ゼネコン・住宅メーカー・工務店、自宅の新築は、どこにお願いするのが正解?

保木間賃貸計画
家を新築するとき、まず悩むのが

「どこにお願いしようか?」

ではないでしょうか?



家を建ててくれる会社で、とりあえず思い浮かぶ建設会社は

竹中工務店や大成建設、鹿島建設、大林組などの
大手ゼネコン

ダイワハウス、パナホーム、セキスイハイム、ミサワホームなどのハウスメーカー

そのほか、街に看板が立っている地域ビルダー地元の工務店などですね。


ゼネコンさんは、ビルやマンションをつくるのが専門なので、個人住宅はあまり得意ではありません。
そもそも、住宅は儲けが少ないので、お願いしても数億円希望の大豪邸でないと請け負ってくれません。
そのほか、超お得意様企業の社長様のご自宅などを建てることはありますが、本当にまれです。
わたしも、実家の裏に、世界一の印刷会社様の大豪邸があり、そこは竹中工務店さんが建てていらっしゃいました。
家というよりは、商業施設というイメージで、かなり頑丈で、床は高級そうなじゅうたん敷き、
庭にプールがあり、なぜか、大きなカメが泳いでいた記憶が鮮明です(あのカメはどうなったのだろう…)



ハウスメーカーさんは、ダイワハウスやセキスイハイムなど、CMも多く流れているので知名度が高いですね。
なかでも、その多くを工場生産しているプレハブメーカーさんは、欠陥も少なく一番おすすめの建設会社です。
また熟練された設計者の腕前は、ピカイチで、動きやすい家事動線や主婦目線はもちろん、住まいの快適性を高める断熱性能の高い安全な住宅を提供してくれます。

下の表を見ても、プレハブメーカーがいかに、欠陥などの事故発生率が低いかが、お分かりになると思います。

 
工   法 事故発生率(外壁や屋根・バルコニーからの雨漏り、基礎のひび割れ・沈下・欠損など)
木造(軸組み工法) 0.159%
木造(2×4工法) 0.164%
プレハブ工法(鉄骨) 0.011%
鉄骨造 1.220%
鉄筋コンクリート造 0.717%

しかし、ダイワハウスやセキスイハイムなどのプレハブメーカーは、工事できる地域がまだまだ少なく、特に地方ではあまり定着していません。
そのため、日本全国におけるシェアは、2割程度にとどまっています。




では、日本の住宅を支える残りの8割は・・・地域ビルダー地元の工務店さんです。
日本の8割の住宅
を支えている誇り高き集団です。
日本は世界に比べて雨や地震が多く、住宅にとっては過酷な気候の中で、立派な住宅を建ててくれています!
地域ビルダーとは、木造工法を中心に、特定のエリアに特化して、年間数百棟~数千棟くらいの住宅を供給する建設会社です。
「ママが笑顔になるハウス」など、特定のコンセプトをもとに、独自の商品開発にも力を入れています。
工務店とは、木造軸組み(在来)工法を中心とした、地域密着の建設会社で、年間数棟~数十棟の住宅を建設しています。
一棟一棟、施主の希望をくみ取り、オーダーメイドの家づくりをしている職人集団の会社が多いです。
職人集団ですので、技術力はとても高い反面、デザイン性や間取りの工夫には、少し弱い一面があります。





つまり、家を新築する際には、よっぽどのお金持ちでない限り、

ハウスメーカーまたは地域ビルダー地元の工務店さんでお願いすることになります。

その際に、比較的都心に住んでいて、
最新の間取りや断熱性能などを求めるのであれば、お値段が高くても
ハウスメーカーさんを選ぶと、安心です。



そして地方に住んでいる方は地域ビルダー地元の工務店さんでお願いすることになります。

間取りの工夫など「特定のコンセプト」を重視する場合は
地域ビルダーさん
間取りやデザインはオーソドックスでも、高い技術力を重視する場合は地元の工務店さんを選ぶと無難です。


わたし個人的には、いまは都内に住んでいるのですが
将来隠居した時には、
山の見える地方に住んで、
地元の工務店さんにガッチガチの日本家屋を建ててもらうのが夢です。。


 
2021年05月22日 12:38

コンセントは、数よりどこにつけるか?が大切です

3418231_s
最近の間取りを見ると、顕著な傾向が・・・

それは、
とにかくコンセントが多いんです


コンセント、多くてもよいのですが
そんなにコンセント多くても
結局使っていません

それどころか
コンセントたくさんつけたからと
安心してしまい
プランがおろそかになっている間取りがとても多いです

結果、なにが起こるかというと

プランがおろそかになる ⇨
家具がうまく置けない  ⇨
部屋が狭く見える/お部屋が片づかない



大切なのは
コンセントをたくさんつけることではなく

収納や家具を置く位置を決めたうえで
コンセントの位置を決めて
間取りをつくることです。

手間がかかりますが、
家づくりにはインテリアから考えることが大切です。



  にほんブログ村 インテリアブログ 模様替えへ
にほんブログ村
2020年07月18日 10:46

家具がうまく配置できない・・・というお悩み

家具の配置、簡単そうでじつは結構難しいと思いませんか?

映画やドラマに出てくるお部屋は、ずいぶんうまく家具が配置されているのに

自分の部屋はなんとなく、うまくいかない・・・

そんなお悩み、よく聞きます。



じつは、コンセントやTVアンテナの位置が悪いため、家具の配置がうまくいかなくなっていることが多いのです。

なんでこんな場所に?というところにコンセントがあったりします。

そして

何でここにないの?という場所にコンセントがなかったりします。

不思議ですよね。。



現在の生活に、電化製品は必需品です。ですからコンセントも必需品です。

そして設計の現状は、大まかに家具の配置を想定し、その位置にコンセントを配置します。

入居者は、設計者が想定したコンセントに電化製品をつなぎ、そこを中心として家具を配置していきます。

設計者の想定したとおりに家具を配置すればよいのですが、チェストが増えたり、いろいろな想定外のものが増えると

想定通りにはいきません。


家具の配置がうまくいかないのは、ここに原因があります。




設計段階から、しっかり家具の配置を入居者が決めて、その位置からコンセントの位置を決めたいものです。


 
2019年08月03日 23:53

リネン庫って知ってる?メリットと設置場所を女性一級建築士が解説

リネン庫は、ご存知ですか?



タオルやハンカチ、下着などをしまっておく洗面室付近の収納庫のことで、
もともとは、ホテルのシーツなどを保管しておく「リネン室」からきた呼び方です


そのリネン庫ですが、設置場所や寸法などを間違えている方も多いのです

リネン庫について、お知りになりたい方は、下記記事を参考にしてみてください。


 

「リネン庫って知ってる?メリットと設置場所を女性一級建築士が解説」

 

https://realestate.yahoo.co.jp/magazine/sumaiweb/20190611-90007352(Yahoo!不動産おうちマガジン  へジャンプします)

2019年06月12日 00:16

風水・家相のせい?家にも「吉相」と「凶相」がある



風水や家相は気にしますか?


私自身、あまり目に見えないものは気にしないほうなんです・・・が、、、

実際には、多くの建物を見てきた経験から


「非現実的」とは切り捨てられない面もあります。。


例えば、完成したばかりで、まだ人が入居していない建物があります。

竣工検査といって、完成したばかりの建物を検査するのですが、、、


生まれたばかりの純真無垢で、これからがんばるぞー!
といっているかわいい雰囲気が伝わってくる建物もあるのですが、

黙ったまま、恐怖や悪意を感じる建物もあるのです。。



この建物の「吉相」「凶相」がいつ生まれるのか?


私なりに思うのですが


基礎検査(べた基礎・布基礎・くい基礎)の時には、何も感じません

躯体検査(梁や柱などの検査)の時にも、何も感じません

下地検査(断熱材をいれたときの検査)の時にも、何も感じません。

竣工検査(建物完成検査)の時に、感じることがあります。


つまり、下地検査から竣工検査の間の時期に、何かしらのものが「宿る」ことがあるのではないか?と

心霊などは一切信じない私でも、少し思ってしまうのです。


最近知ったのですが、風水には「宅運」というものがあるそうで

建物完成時には、建物に何かしらの「気」が宿っているということです。


なんだか不思議なお話しですね。


 
2019年05月01日 13:07

失敗しない間取りの作り方


いよいよ夢のマイホーム!


住宅メーカーと契約はしたものの、

なかなか間取りが決められない方はとても多いんです。



では、どうして、間取りが決められないのでしょうか?


それは

住宅という大きな買い物に、失敗はしたくないからですよね・・・



そんな間取りジプシーの方のために記事を書きました。
 

 

WEB雑誌「Yahoo!おうちマガジン」に掲載させていただいた~失敗しない間取りにするためのポイント3つ~についてのお話しです。

https://realestate.yahoo.co.jp/magazine/sumaiweb/20190220-90006253(Yahoo!おうちマガジン へジャンプします)

2019年02月28日 14:47

狭い部屋を広くするテクニック

家が狭いと、困っていませんか?

でもよく考えてみてください。

 

引越し当初から、すでに狭かったですか?

 

家が狭いのは、間違った家具配置や、間違った家具選択、動線のせいだったりするんです。

 

ですから、

 

家具を見直して、動線を整理すれば

 

自然と、暮らしやすい住まいに戻りますよ。。

 

こちらの記事も参考までに・・・

WEB雑誌「Yahoo!おうちマガジン」に掲載させていただいた~狭い部屋が広くなる!いますぐできる「部屋の模様替え」のコツ4つ~についてのお話しです。

https://realestate.yahoo.co.jp/magazine/sumaiweb/20190218-90006232(Yahoo!おうちマガジン へジャンプします)

2019年02月20日 19:22

ストレスフリーな部屋づくりのポイント

 

インテリア/模様替えのお悩みで多い項目の一つに

 

「リビングがくつろげない」

「なにをするのもストレスフル」

 

というものがあります。

 

 

くつろぐためのリビングなのに、ストレスフルなんて悲しいですね。

 

でも、動線の整理と家具は位置を見直すことで、意外と簡単に、ストレスフルな間取りは変えることができます。

詳しくは下記記事を参照してください。

 

WEB雑誌「日刊Sumai」に掲載させていただいた「イライラするのは家が原因!? ストレスフリーな部屋づくりのポイントについてのお話しです。

 

https://sumaiweb.jp/articles/137065 (日刊Sumai へジャンプします)

2019年01月08日 22:06

部屋が片付く、間取りのポイント

家を建てるとき、意外と後回しにされるもの・・・なにかわかりますか?

 

意外には意外、収納スペースなのです。

 

住んでから困ることは十分わかっているはずなのに、

 

建築段階では、みなさん

 

「より広い リビング ダイニング」

 

「より広い 寝室」

 

「より広いホール」

 

を求めるため、収納スペースを削ってしまうのです。

 

 

「LDKが16畳より18畳のほうが、広くてよさそう」

 

 

と思ってしまうのは、仕方のないことですよね。。

 

 

造り付けの収納スペースがなくても、収納を増やすには、あとから家具を置けば良いわけですから。

 

 

しかし、あとから家具を増やすことができない間取りがあるって、知っていますか?(内容は下記記載記事)

 

 

家具を増やすことができないと、収納に困ることは目に見えています。

 

家を計画するときは、何をどこに収納するかを決めるのはもちろん、

 

収納できない間取りだけは、避けて計画してくださいね

 

 

WEB雑誌「日刊Sumai」に掲載させていただいた「部屋が片付かないのは間取りが原因!収納しやすい部屋づくりとは?についてのお話しです。

 

https://sumaiweb.jp/articles/135542 (日刊Sumai へジャンプします)

 

2018年12月26日 16:50

建築図面の専門用語について

建築図面は、初めて見る方には難しいですよね?

 

専門用語が多すぎます。。

 

また、英語もまざるから、なおさら難しい・・・

 

 

でも、お家を建てるなら、必ず、図面の意味は自分で理解しておいてください

 

なぜなら

わたしたち設計者は、図面に書いてあることをすべて了解の上、ご契約されていると思うからです

 

 

あとで、「こんなところにシャフトがくるなんて・・・」と後悔しないためにも

 

図面を理解してくださいね

 

 

WEB雑誌「日刊Sumai」に掲載させていただいた「SIC、PS、DEN…って?間取り図にある知っておきたい記号・用語についてのお話しです。

 

https://sumaiweb.jp/articles/134202 (日刊Sumai へジャンプします)

 

 

2018年12月21日 13:08
全国の書店にて販売中!


ご購入はこちらから


モバイルサイト

しかまのりこ COLLINO一級建築士事務所スマホサイトQRコード

しかまのりこ COLLINO一級建築士事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

COLLINO一級建築士事務所

東京都足立区小台1-21-1-302号
一級建築士事務所登録 第61052
営業時間
10:00~18:00
定休日
日・祝日

お問い合わせ

事務所概要