COLLINO一級建築士事務所

建築設計・住宅検査・家事育児を経て、主に中小型住まい向けの間取り相談、家具選定、家具配置プランを提供しています。
また多数のお悩み解決の実績から、書籍・セミナー・メディア出演・記事執筆などを通じた住まいづくりに関する知識の普及、
欲しい機能をデザインした高収納とお子様の健康を守る家具を製作・販売しています。

  • 5
  • 9
  • 6

HOMEブログページ ≫ リビングダイニング ≫

ブログページ

リビングダイニングの家具配置

スライド1
こんにちは、COLLINO模様替えアドバイザーの車田です。
リビングダイニングの家具配置、皆さんどうされていますか?住宅のご購入、お引っ越し、お子様の成長やライフスタイルの変化など、どのように家具を選び、どのように家具を配置すればよいか、定期的に考えさせられる機会が訪れるのではないでしょうか。
今回の投稿では、戸建2階LDK、4人家族の家具配置例を基に、リビングダイニングの家具配置を見ていきたいと思います。
 
COLLINOでは、女性一級建築士・模様替え作家による家具配置プラン納品実績を基に、特に家具配置に関して悩みの多いマンション子育て世代に向けた住まいに関する情報を発信させて頂いております。よろしければ参考にしてみてください。
 

~TVの置き方編~


まず、はじめに考えなければいけないのが、TVの配置ではないでしょうか。

コンセントやアンテナジャックの位置に影響しますが、今回は3つのパターンをご紹介させて頂きます。それぞれのメリットも合わせてみていきましょう。
(ちなみに、実は設計者はコンセントの位置をあまり考えていません。よろしければ、『家具がうまく配置できない・・・というお悩み』をご参照下さい。)
スライド3
 
Aパターン
スライド4
スライド5
ダイニングで食事をした後、そのままソファでくつろぎやすい家具配置です。
また、ソファと階段出入口が向き合っているので、塾や部活などから帰宅したお子さまと顔を合わせられるといったメリットがあります。
 
Bパターン
スライド6
スライド7
ソファからテレビは見にくいのですが、キッチンでお料理をしながら、またダイニングで食事をしながらテレビを見ることができる家具配置です。
また、テレビまで空間が遮られないので、より広々とした空間を感じることが出来ます。
 
Cパターン
スライド8
スライド9
ソファ空間が隔離され、1か所だけ独立した空間を演出することが出来、最もゆったりとしたくつろぎ空間を感じる家具配置です。
また、ソファとダイニングが顔を合わせることになり、家族それぞれの時間を楽しみながらも、家族一緒の空間を感じることが出来ます。
 

~家具配置のポイント編~

続いて家具配置のポイントを見ていきましょう。
当事務所で推奨しているポイントは、3点です。

『動線』
『空間分け』
『収納』
こちら、かなり重要です。中間テストに出ます。(何のテストか分かりませんが、、、)
スライド14
 
まず、『動線』です。
スライド15
スライド16
各お部屋の出入り口の動線確保は必須のですのと、意外と見落としがちなのが収納への動線です。収納はあるのになぜか散らかるといった方は、収納へ行きにくい(つまり、動線が確保されていない)場合が多くあります。
収納への動線も確保し、片づけやすく、ものが散らかりにくい環境を作ってあげましょう。
 
次に、『空間分け』です。
スライド17
スライド18
今回の場合は、食事空間とくつろぎ空間をつくっています。その他、リビング学習、テレワークスペースなど、どのような空間が必要か棚卸し、そのあとそれぞれの空間に分けてあげることが重要です。
とはいえ、全員が大豪邸に住んでいる訳ではありませんので、スペースは有限ですよね。その場合、例えば食事空間とリビング学習空間を兼用するなどといったように、機能・空間を兼用しましょう。
 
最後に、『収納』です。
スライド19
スライド20
片づいた住まいに、収納は必須です。
また、ただ収納を置けば良いとです。訳ではなく、各空間に収納を設けてあげましょう。くつろぎ空間にはTVボードとテーブル下収納、食事空間にはキャビネット、などといった具合です。
各空間に収納を設置し、各空間でつかったものを各収納へ置いてあげることで、散らかりにくく片付いた住まいをつくることが出来ます。
 

~家具の選定編~

では最後にどの家具を選んだか見ていきましょう。
スライド24
スライド25
スライド26
スライド27
スライド28
スライド29
スライド34
スライド35
スライド36
スライド37
スライド38
スライド39
スライド40
皆さんのお好みの家具はありましたか?
 
また、過去投稿で、家具選定に関するポイントを解説しています。
よろしければこちらも参考にしてみてください。
『【マンション子育て世代必見】狭い間取りの家具選びポイント』
『【マンション子育て世代必見】お子様の健康を考えた家具選び・家具レイアウト』
『【マンション子育て世代必見】配置変えのしやすい家具を選ぼう』
『【マンション子育て世代必見】飽きの来ないおしゃれな家具を置こう』
 
何でしたでしょうか。
少しでもご参考になれば幸いです。

 
2023年09月19日 13:41

LDに隣接する和室の家具選び

スライド1
こんにちは、COLLINO模様替えアドバイザーの車田です。
皆さんのご自宅に和室はございますか?古民家など和で統一したご自宅を除き、LDの隣に和室などといったように、洋風と和風が入り混じったご家庭がほとんどではないでしょうか。
また、販売されている家具も洋風のものも多く、洋風と和風をどのように使い分けていいか悩ましいものです。
 
今回の投稿では、前回投稿『リビング&ダイニング、別々派?一緒派?』でもご紹介させて頂いた、戸建LD6畳&和室8畳、お子様2人が成人になられた4人家族の家具配置例を基に、LDに隣接する和室の家具選びを見ていきたいと思います。
 
COLLINOでは、女性一級建築士・模様替え作家による家具配置プラン納品実績を基に、特に家具配置に関して悩みの多いマンション子育て世代に向けた住まいに関する情報を発信させて頂いております。よろしければ参考にしてみてください。
 

~ソファ編~

まず、ソファを見ていきましょう。
スライド4
スライド5
あえて洋風ソファでアクセントを入れるか、和風で統一感を演出するか悩むところですよね。それぞれの雰囲気を見ていきましょう。
 
スライド6
スライド7
スライド8
スライド9
洋風ソファでは、足をゆったりのばせたり、既にお持ちの座椅子との相性が良いですね。
一方、和風ソファでは、ひじ掛け付きで立ち座りしやすく、木の温もりを感じながら和の統一感を演出出来ますね。
 

~小物家具編~

それでは小物家具は如何でしょうか。
スライド14
大きく6点ご紹介させて頂きます。
 
①クッション
スライド15
和風の中に、洋風のアクセントを入れては如何でしょうか。
 
②リビングテーブル
スライド16
やはり和室に気の温もりはマッチしますね。
 
③ラグ
スライド17
こちらは洋風でエレガントさを演出してみました。
 
④キャビネット
スライド18
当然、和室にも収納は必要です。和ダンスを連想させるキャビネットですね。
 
⑤テーブルランプ
スライド19
洋風の遊び心を入れてみました。アンティークチックな家具は意外と和室に合います。
 
⑥ブラインド
スライド20
カーテンでは和風の雰囲気が乱れてしまう、障子では和風感が強すぎる、といった場合に木製ブラインドはおすすめです。もちろん洋室に和風感を出したいときもつかえますね。
 
その他、過去投稿で、和室以外の家具選びのポイントを解説しています。
よろしければこちらも参考にしてみてください。
『統一感のあるインテリアの作り方 ~内装と家具の色編~』
『統一感のあるインテリアの作り方 ~内装と家具の素材編~』
 
何でしたでしょうか。
少しでもご参考になれば幸いです。

 
2023年09月17日 18:51

リビング&ダイニング 別々派?一緒派?

スライド1
こんにちは、COLLINO模様替えアドバイザーの車田です。
リビングやダイニングへの家具配置を考える際、間取りやご家族のライフスタイルに合わせて、どのような空間にするのかを考えてあげる必要があります。
今回の投稿では、戸建LD6畳&和室8畳、お子様2人が成人になられた4人家族の家具配置例を基に、リビング空間とダイニング空間を、別々にした場合、一緒にした場合、どのような家具配置になるのか、どのようなメリットがあるのかを見ていきたいと思います。
スライド3
 
COLLINOでは、女性一級建築士・模様替え作家による家具配置プラン納品実績を基に、特に家具配置に関して悩みの多いマンション子育て世代に向けた住まいに関する情報を発信させて頂いております。よろしければ参考にしてみてください。
 
まず、リビング空間とダイニング空間を別々にした場合と一緒にした場合を比較してみます。
スライド4
 
ご覧の通り、別々にした場合はリビング空間がゆったりとします。一緒にした場合はダイニング空間が広々とします。
スライド5
 
さて、別々派のダイニング空間の様子です。どうしても少し圧迫感が出てしまいますね。
スライド6
 
一方でリビング空間は広々としていてゆっくりくつろげるのではないでしょうか。
スライド7
 
一緒派のダイニング空間は、かなり広々としており動線も十分で動きやすいのではないでしょうか。
スライド8
 
リビング空間では食事をすることもくつろぐことも出来ます。
スライド9
 
まとめになりますが、ご自宅の家具配置を行う場合は、広さのある間取りであればリビング・ダイニングは別々、広さのない間取りであれば一緒、にすると良いでしょう。
特に一緒派のダイニングテーブルはダイニング機能とリビング機能が兼用された家具で、意外と重宝します。
よろしければ過去投稿(『【マンション子育て世代必見】狭い間取りの家具選びポイント』のポイント3を参照)を参照してみてください。
ちなみに、不動産営業をされている模様替えアドバイザーの方のお話ですが、間取りが狭く物件を決めかねているお客様へダイニングテーブルのご紹介をしたところ、刺さった!物件決めて頂けた!なんてお話も聞かせて頂きました。
 
各お部屋の様子と、今回選んだ家具をご紹介させて頂きます。
 
リビング・ダイニング別々派はこんな感じです。
スライド14

スライド15

スライド16

スライド17

スライド18

スライド19
 
リビング・ダイニング一緒派はこんな感じです。
スライド24

スライド26

スライド27

スライド28

スライド29
 
何でしたでしょうか。
少しでもご参考になれば幸いです。

 
2023年09月15日 07:14

勉強に集中!子ども部屋の作り方

スライド1
こんにちは、COLLINO模様替えアドバイザーの車田です。
マンションは利便性が高い一方、広さが限られておりどのように家具を置いたら良いか悩まれる方はかなり多くいらっしゃいます。
今回は、80㎡3LDKマンション住まい4人家族の事例を基に、お子様の学習スペースの家具配置例を紹介します。
 
前回投稿『壁が少なく家具が置きにくい間取り、どうする?』では、80㎡3LDKマンションにお住まいの4人家族の事例を基に、壁が少なく家具が置きにくい間取りへの家具の置き方、LDへのテレワークスペースの作り方、Unico・IKEA・無印など配置した家具をご紹介させて頂きました。
今回投稿では、お子様の学習スペースに触れながら、家具配置の事例をご紹介させて頂きます。
 
COLLINOでは、女性一級建築士・模様替え作家による家具配置プラン納品実績を基に、特に家具配置に関して悩みの多いマンション子育て世代に向けた住まいに関する情報を発信させて頂いております。よろしければ参考にしてみてください。
 

~その1~

スライド4
詳細の間取りは前回投稿『壁が少なく家具が置きにくい間取り、どうする?』をご参照頂ければと思うのですが、3.5畳と3畳の洋室に子ども部屋を配置しました。マンションでどうしても子ども部屋をつくりにくいですが、やはり子どもにとってはパーソナルスペースが確保されるのはとてもうれしいことだと思います。


スライド6
子ども部屋1(3.5畳)をご覧ください。
前回投稿でご紹介させて頂きましたが、扉が多く家具配置がしにくい間取りは、あえて扉をつぶしてしまって家具を置くスペースを作ってあげましょう。
 
スライド7
出し入れしやすいオープン収納家具はおすすめです。
LDは来客を考慮し中が見えない収納家具、寝室や子ども部屋は実用性を重視しオープン収納家具、といった区分けが良いでしょう。
 
スライド8
子ども部屋2(3畳)をご覧ください。
狭いマンションでは、高さ方向に空間を活用できるロフトベッドは重宝します。
但し、ロフトベッドは、動線に加えて、梁の位置、照明の位置、エアコンの位置は考慮した上で最適な位置を考えてあげましょう。
 
スライド9
突っ張り収納も有効ですね。
洋服やバッグ、小物を置くことが出来て、散らかりにくい部屋ができます。
 

~その2~

さて、ここまでは一般的な子ども部屋の作り方をご紹介させて頂きました。
スライド14
少し話が変わりますが、ご自身が子どもだったころを思い返してみてください。
なかなかご自分の部屋で勉強に集中できたという方は少ないのではないでしょうか。
当事務所では、寝るスペースと学習するスペースを分けた『学寝分離』の考え方を推奨しています。
 
スライド15
子ども共同寝室(3.5畳)と子ども共同学習(3畳)に分けています。
メリットは主に3点あります。
 
中の様子も見てみましょう。
スライド16
スライド17
スライド18
スライド19
 

~その3~

最後に、配置した家具をご紹介させて頂きます。
スライド24
スライド25
スライド26
スライド27
スライド28
スライド29

 
如何でしたでしょうか。
当事務所では、マンション子ども部屋の事例が多数ございます。
他の記事も是非参考にしてみてください。
プレジデントオンライン記事『「59平方メートルの2LDKで子ども3人の個室はつくれるか」一級建築士が知恵を絞りつくした結果
 
少しでもご参考になれば幸いです。

 
2023年09月09日 16:42

壁が少なく家具が置きにくい間取り、どうする?

スライド1
こんにちは、COLLINO模様替えアドバイザーの車田です。
マンションなど壁が少ない間取りは、広々としていてとても魅力的ですよね。
しかしながら内見の際は魅力的でも、いざ住んでみると家具をどのように置いたらいいのか、、、と悩まれる方は意外と多くいらっしゃいます。
今回は80㎡3LDKマンションにお住まいの4人家族の事例をご紹介させて頂きます。
 
COLLINOでは、女性一級建築士・模様替え作家による家具配置プラン納品実績を基に、特に家具配置に関して悩みの多いマンション子育て世代に向けた住まいに関する情報を発信させて頂いております。よろしければ参考にしてみてください。
 
さてこちらは間取り図です。LDが広々としている3LDKの間取りですね。
スライド2
 
しかしながら扉が多く(つまり壁が少ない)、動線を確保しなければならないため、扉スペース付近に家具を配置することが出来ません。
スライド3
 
そんなときは思い切って、なくてもいい扉をつぶしてしまうことをおすすめしています。
はっきり言ってしまうと、マンションの間取りで、1部屋に対して2つの扉は多いですよね。
スライド4
 
このような形で家具を置くことが出来ます。
スライド5
 
扉をつぶして収納家具を置くことが出来ました。
スライド6
 
また、広いLDKは間仕切り家具を置くことで、動線を確保しつつも家具を置くことが出来ます。
スライド7
 
中の様子も見てみましょう。
今回のお客様はLDにテレワークスペースをつくりたいとのことでしたので、扉をつぶす、間仕切り家具を置くことで、いい感じのテレワークスペースをつくりました。
スライド12
スライド13
スライド14
スライド15
スライド16
スライド17
 
最後に配置した家具をご紹介します。
人気家具のUnico、IKEA、無印良品を選びました。
スライド23
スライド24
スライド25
スライド26
スライド27



如何でしたでしょうか。少しでもご参考になれば幸いです。

 
2023年09月05日 23:37

マンション子育て”部屋割り”どうする?

スライド1
こんにちは、COLLINO模様替えアドバイザーの車田です。
マンションにお住まいの子育て世代で、部屋割りに悩まれている方は多いのではないでしょうか。食事スペースやくつろぎスペースは当然のこと、ご夫婦の部屋や子ども部屋の他、最近ではリビング学習スペースやテレワークなどの仕事スペースを考える必要があります。また、一回考えてお終いとはいかず、お子様の成長などライフスタイルの変化とともに、部屋割りや家具配置を変える必要が出てきます。
今回は60㎡マンションにお住まいの3人家族の事例をご紹介させて頂きます。
 
COLLINOでは、女性一級建築士・模様替え作家による家具配置プラン納品実績を基に、特に家具配置に関して悩みの多いマンション子育て世代に向けた住まいに関する情報を発信させて頂いております。よろしければ参考にしてみてください。
 
部屋割りや家具配置を考える際は、ご夫婦よりもお子様のライフスタイルの変化の方が激しいため、特殊な事情がない限り、“子供の成長”に合わせて部屋割りを考えてあげるのがベストです!
特に、幼少期は目の届くところで遊ばせながら、小学校に上がると宿題などリビング学習スペースが必要です。更に思春期になると勉強に加えて心の成長のためにも子ども部屋を与えてあげる必要も出てきます。
スライド3
 
では、くつろぎスペースを充実させたA-planの幼少期、小学校入学時、思春期以降の部屋割り・家具配置を見ていきましょう。
スライド5
スライド7
スライド9
模様替えアドバイザーの推奨している考え方である、『空間分け』の考え方で用途ごとにスペースを区切っていますね。
幼少期はリビングの隣に遊びスペースを設けていますが、小学校入学時以降はくつりぎスペースでテレビをご覧になったりご家族でゆっくりとした時間が楽しめそうですね。
仕事や学習スペースが少し狭いですが、ダイニングの椅子と組み合わせるなど上手にスペースを活用しています。
 
A-planのパース図と使用している家具もご紹介させて頂きます。
スライド15
スライド16
スライド17
スライド18

 
続いて、仕事・学習スペースを充実させたB-planの幼少期、小学校入学時、思春期以降の部屋割り・家具配置を見ていきましょう。
スライド28
スライド24
スライド26
幼少期はA-planと変わりありませんが、小学校入学時以降、1部屋を丸ごと仕事・学習スペースにしています。お子さんと隣り合わせで仕事するというのもなかなか良いものではないでしょうか。
思春期以降は子ども部屋で学習し、仕事スペースを十分確保することが出来ますね。
 
B-planのパース図と使用している家具もご紹介させて頂きます。
スライド34
スライド35
スライド36
スライド37

最後に子ども部屋と夫婦寝室を見てみましょう。
スライド44
スライド45
スライド46

 
如何でしたでしょうか。
マンション子育て世代の部屋割りは、”子どもの成長”に合わせて部屋割りを考えてあげることをおススメしています。
少しでもご参考になれば幸いです。

 
2023年09月01日 08:00

実は重要!造り付け家具の扉の向き

スライド1
こんにちは、COLLINO模様替えアドバイザーの車田です。
前回投稿『LDK”掃除機置き場”どこにしよう?』で、造り付け家具で掃除機置き場をつくった事例を紹介させて頂きました。
スライド2
 
この事例でもう一点ポイントがあったので解説させてください。
『造り付け家具の扉の向き』についてです。
今回デッドスペースを活用して造り付け家具を置きましたが、“廊下向き”と“キッチン向き”の2つのオプションが考えられます。
スライド3
 
COLLINOでは、女性一級建築士・模様替え作家による家具配置プラン納品実績を基に、特に家具配置に関して悩みの多いマンション子育て世代に向けた住まいに関する情報を発信させて頂いております。よろしければ参考にしてみてください。
 
あまり考えずに、掃除機置き場の扉の向きと同様に、“廊下向き”を考えがちなのですが、もう一歩踏み込み、”収納の用途”で造り付け家具の扉の向きを考えてみてあげては如何でしょうか。
スライド4
 
例えば、リビングでつかうような、書類・雑誌などをメインに収納するのであれば、“廊下向き”が取り出しやすいですよね。
スライド5
 
一方、キッチンでつかう、調理器具・食器などをメインに収納するのであれば、“キッチン向き”が活躍します。ちなみに、造り付け家具は上の方の棚が結局無駄になるよね、といったお話を耳にすることがありますが、たまにしか使わない調理器具(例えば、お節料理のお重や、お寿司の桶、おそばの笊など)を置くにはかなり重宝します。
スライド6
 
あなたのご自宅でしたらどちら向きを選びますか?
廊下向きの扉ですか?キッチン向きの扉ですか?
スライド7
スライド8
 
もし造り付け家具をご検討で、扉の向きの選択の余地があるのであれば、“収納の用途”から考えてあげてみてくださいね。
スライド9
 
如何でしたでしょうか。少しでもご参考になれば幸いです。

 
2023年08月30日 22:00

LDK”掃除機置き場”どこにしよう?

スライド1
こんにちは、COLLINO模様替えアドバイザーの車田です。
ほぼ全てのご家庭に置いてあるであろう“掃除機”、あなたはどこに置いていますか?
今回は、都内4LDK85㎡マンションにお住いの子育て世代のお客様の家具配置プラン実例をもとに、掃除機置き場の重要なポイントを解説させて頂きます。
 
COLLINOでは、女性一級建築士・模様替え作家による家具配置プラン納品実績を基に、特に家具配置に関して悩みの多いマンション子育て世代に向けた住まいに関する情報を発信させて頂いております。よろしければ参考にしてみてください。
 
今回ご相談のお客様は以前の投稿でも解説させて頂いた事例です。
『4人家族(4LDK 85㎡)~その1~』
『4人家族(4LDK 85㎡)~その2~』
『4人家族(4LDK 85㎡)~その3~』
よろしければこちらも参考にしてみてください。
スライド2
 
こんな間取りに家族の会話が増えるリビングを提案させて頂きました。
今回はどこに掃除機置き場を置くか、考えてみたいと思います。
スライド3
 
ポイント1.“LDK内のデッドスペース”に掃除機置き場をつくる!
LDKはいつもきれいにしておきたいですよね。となると他の部屋の収納ではなく、LDK内に掃除機置き場をつくれるとベストです。このような、デッドスペースを活用しましょう。更に欲を言えば、生活動線上にあると尚良しです、わざわざ掃除機取りに行くの面倒ですからね。
あなたのご自宅ではどこのスペースが活用できそうですか?
スライド4
 
ポイント2.“造り付け家具”で収納兼掃除機置き場をつくる!
見た目、埃、収納量、考えてみるとやっぱり造り付け家具ですね。
スライド5
 
ポイント3.掃除機はけちらず、“二刀流”
意外とお掃除ロボットを活用されているご家庭は多いです!しかし万能ではないので、スティック掃除機も活用しましょう!
スライド6
 
ポイント4.充電用コンセントは造り付け家具の中に!
コンセントは意外と見落としがちです。場合によっては配線工事が伴いますが、数万円程度で工事が可能です。妥協せず充電用コンセントをつけてあげましょう!
スライド7
 
如何でしょう?変に家具の買い替えをしてしまうよりは、びしっと造り付け家具で締めてみては!?
スライド8
 
如何でしたでしょうか。少しでもご参考になれば幸いです。

 
2023年08月29日 22:27

10畳LDKのインテリア“KARE”

スライド30
こんにちは、COLLINO模様替えアドバイザーの車田です。
ドイツ発祥のインテリアブランド『KARE』をご存知でしょうか。ホームページによると、デザイン性は然ることながら、インテリアでは珍しく商品の豊富さが売りのブランドです。
 
今回は、その『KARE』でインテリアを纏めたいと当事務所へご相談に来られたお客様への家具配置プラン実例をご紹介させて頂きます。
都内3LDK62㎡のマンションにお住まいで、夫・妻・3歳長男の3人家族で生活されており、『KARE』で纏めながらおしゃれなLDKをつくってほしいとご相談に来られました。
 
COLLINOでは、女性一級建築士・模様替え作家による家具配置プラン納品実績を基に、特に家具配置に関して悩みの多いマンション子育て世代に向けた住まいに関する情報を発信させて頂いております。よろしければ参考にしてみてください。
 
『KARE』のホームページをのぞいてみました。
自分の意思で生きよう!と、かっこいいコンセプトですね!
スライド2
 
いくつかパース図をご覧ください。ご家族3人で優雅な時間を過ごされているのが想像できますね。
スライド3
スライド4
スライド5
スライド6
スライド7
スライド8

 
選んだ家具も見ていきましょう。
スライド13
スライド14
スライド15
スライド16
スライド17
スライド22
スライド23
スライド24
スライド25
スライド26
スライド27

 
ホームページにもあるように、『KARE』は本当に商品が豊富ですね!
ご自宅に訪問された方がインテリアに感動されるのが目に浮かびます。
 
如何でしたでしょうか。少しでもご参考になれば幸いです。

 
2023年08月26日 21:36

あなたは四角テーブル派?丸テーブル派?3人家族の家具配置

01_あなたは四角テーブル派?丸テーブル派?
こんにちは、COLLINO模様替えアドバイザーの車田です。
早速ですが、あなたは四角テーブル派ですか?丸テーブル派ですか?
今回は、当事務所へご相談に来られた、都内マンション住まいの子育て世代のお客様への家具配置プラン実例をもとに、四角テーブルを置いた場合、丸テーブルを置いた場合、それぞれどのようなイメージになるのか、解説させて頂きます。
 
COLLINOでは、女性一級建築士・模様替え作家による家具配置プラン納品実績を基に、特に家具配置に関して悩みの多いマンション子育て世代に向けた住まいに関する情報を発信させて頂いております。
 

今回のテーマ.3人家族(3LDK 62㎡)リビングダイニングへの家具配置

02_今回のテーマ
今回の客様は、都内3LDK62㎡のマンションで、夫・妻・3歳長男の3人家族で生活されている中、おしゃれなLDKをつくってほしいとご相談に来られました。
お客様自身、家具にもこだわりをお持ちで高級家具のKAREなどを置いていらっしゃり、おしゃれなLDKをとのご相談でしたので、四角テーブルと丸テーブルの2プランを提案させて頂きました。それぞれどのようなイメージに仕上がったか見ていきましょう。
 
03_四角テーブル派104_丸テーブル派1まず動線を見てみましょう。
四角テーブルでは直角に曲がる動線である一方、丸テーブルでは緩やかな動線になるのがお分かりでしょうか?

05_四角テーブル派206_丸テーブル派2
やはり四角テーブルは壁付けもしやすく、オーソドックスで失敗がないのでは?と思います。一方、丸テーブルは空間にも丸みが出ておしゃれな空間を演出出来ます。

07_四角テーブル派308_丸テーブル派3四角テーブルはご家族で向き合いながら食事ができますね。
丸テーブルでは横並びになりながらカフェにいる感覚でお食事を楽しむことが出来るのではないでしょうか。
 
ちなみにこのご家庭では、家族の会話を増やしたいとの方針から、あえてリビングダイニングにテレビを配置しませんでした。やはり家族の会話は大切ですよね。
 
09_次回のテーマ
次回は、この事例の続編として、『3人家族(3LDK 62㎡)将来もう1人子どもをつくりたい場合の家具配置4人家族(4LDK 85㎡)』を解説させて頂きます。
 
如何でしたか。『あなたは四角テーブル派?丸テーブル派?_3人家族(4LDK 62㎡)の家具配置』を解説させて頂きました。少しでもご参考になれば幸いです。

 
2023年08月18日 22:33