COLLINO一級建築士事務所

~間取りから模様替え・インテリアまで~女性一級建築士が、住まいをトータルでサポート!

  • 5
  • 9
  • 6

HOME ≫ ブログページ ≫

ブログページ

知っているようで知らない・・・いまさら聞けない、家の「換気」のはなし

mono34657865-160829-02
緊急事態宣言の解除もつかの間、引き続きまん延防止重点措置が施行され、在宅時間がますます長くなりましたね。
家にこもるようになると、問題になるのが住宅内の環境です。
とくに汚れた空気の中にいると、頭が働かず作業効率も下がりますので、「換気」が大切になってきます。
今回は、自宅内でおろそかになりがちな「換気」についてのお話です
 

・「換気」とは、汚れた空気を新鮮な空気に入れ替えること

毎日生きていく上で、わたしたちに欠かせないものは、水や食べ物、そして空気です。
そして、人がその一生で、一番多く体内に入れているものは空気だということをご存知でしょうか。重量比で比べると、食べ物や飲み物のおよそ10倍以上の量の空気を、体内に摂取しているのです。
しかし、その空気は、発がん性物質であるホルムアルデヒドなどの化学物質や、インフルエンザや新型コロナなどのウイルスで汚染されています。当然ですが、からだに影響が出ないわけがありません。
そして、この汚れた室内の空気を、室外にだし、新鮮な空気に入れ替える唯一の方法が、「換気」なのです。
 

・換気のメリット

換気のメリットは、化学物質やウイルスの除去だけではありません。
アレルギーのもとになりやすいカビやダニは、湿度(60~80%)と室温(20~30℃)が高いと繁殖しやすくなります。しかし換気をすることで、水分を多く含んだ空気を外に出しますので、家の中の湿気を抑えることができ、結露やカビ・ダニの繁殖を抑えることができるのです。
また、呼吸により室内の二酸化炭素が多くなると、倦怠感、頭痛、耳鳴り、息苦しさ等の症状がでることが報告されています。少し頭が重いときや勉強がはかどらないとき、窓を空けるとすっきりした経験をお持ちの方も多いと思います。換気により二酸化炭素を室外に出すことで、それらの症状を抑えることができるため、勉強や家事、仕事やエクササイズなどのパフォーマンスも上げることができるのです。
また、新鮮な酸素は、代謝機能を活性化させ血行を促進するため、美肌やアンチエイジングにも良いといわれています。
その他にも、ペットの臭いや生活臭・風呂場の湿気も取り除いてくれるなど、換気のメリットは計り知れません。
 

・換気には2つの意味がある

そもそも「換気」には、大きく分けて2つの種類があります。
その一つ目は、お料理中の臭いやトイレの臭い、お風呂利用時に湿気をとる「局所的な換気」です。
お料理やお風呂に入ったときだけ「局所的に臭いや湿気をとる」もので、キッチンレンジフードやトイレ・お風呂場の換気扇のことです。
もう一つの換気は「全体的な換気」のことで「24時間換気」と言われているものです。この24時間換気は、一日じゅう家の中の空気を換気してくれるシステムのことで、平成15年以降の住宅には設置が義務付けられています。24時間換気をきちんと動かしていれば、化学物質やウイルス、二酸化炭素やハウスダストの原因を取り除いてくれるのです。この24時間換気ですが、前述した「局所的な換気」と機能を兼ねている場合が多く、マンションの場合はお風呂場に、戸建ての場合は1階がお風呂場または洗面室、2階がトイレと、2か所に設置されている場合が多くなっています。
 

・住宅で使われる24時間換気はおもに2種類

この24時間換気ですが、第1種換気から第3種換気まで3つの方式があります。住宅で使われるものの多くは、第1種換気か第3種換気となっています。第1種換気とは、戸建て住宅で採用されることが多く、機械で自動的に換気を入れ替える方式のため、換気状態が安定しています。また冷暖房時の、暖めたり、冷やした熱が逃げない「全熱交換器型」のものが一般的であるため、優秀な換気方式となります。
第3種換気とは、壁の給気口から吸気し、お風呂場などに設置した24時間換気で排気する方式のもので、マンションは、ほぼこの方式になっています。
 

・24時間換気がない住宅は、トイレやお風呂場の換気扇を利用して

この24時間換気ですが、平成15年以前に建てられた住宅にはついていないことが多いのも事実です。その場合は、トイレやお風呂場の換気扇を使うこともできます。方法としては、換気したい部屋の窓を少しだけ空けて、その部屋から遠い方の換気扇を回すことです。そうすることで空気の流れ道ができますので、自然に換気することができます。窓を開けることで防犯が心配な場合は、窓をロックしたまま通気ができる商品(「通風ロック」)も販売されているので、検討してみてください。
 

・換気の注意点

何かと優秀な換気ですが、冬に換気する場合には、注意しなければいけないことがあります。それは「乾燥」です。換気によって湿気を排出してしまうため、室内は乾燥しがちです。そのため、加湿器などを使い適度に湿気を補い湿度を40%~50%程度には保ってください。加湿器を置く位置は、窓のそばは結露を起こしやすいため避け、お部屋の中心に置くようにしましょう。
 


いかがでしたか?
健康や美容のために、水や食べ物にこだわっている人は多いのですが、空気にこだわる人はそれほど多くありません。
しかし、これからは水や食べ物を吟味するように、「空気」も吟味する時代です。
健康的で美しい毎日を送るためにも、空気にこだわり、常に新鮮な空気の中で暮らせるよう、換気を徹底する生活を心がけてみてください。
 
2021年04月11日 14:32

片付けてもすぐリバウンド。「リビング崩壊」の意外な原因と対処法

結婚して子どもが生まれると、物がとても増えます。そして、それまでは片付け上手であった人もリビングが散らかり放題になり、くつろぐ場としてのリビングが機能しなくなります。この状態を“リビング崩壊”と呼んでいます。家の間取りや模様替え相談を業務として行うなかで、このリビング崩壊に至っている人は多く、特に共働きの子育て世代に至っては深刻な問題です。この“リビング崩壊”の原因と対策方法を3回にわたってお話ししたいと思います。
 

・“リビング崩壊”になる危険度をチェック!


このリビング崩壊ですが、小学生までのお子様がいるご家庭ではだれでも陥る可能性があります。
その原因として、小学生までのお子様の場合、リビングで宿題や着がえを済ましてしまうご家庭が多く、自然とリビングに物がふえてしまうからです。しかし、それ以外にも生活スタイルなど多くの原因があります。
まずはじめに、自分が“リビング崩壊”に陥りやすいか、チェックリストで確認してみましょう。
 
【 あなたはいくつ当てはまる?リビング崩壊危険度チェックリスト 】
(収納力)
  • キッチンカウンターの上に、時計やマスクなど小物を置いてしまう
  • ソファの上にバッグや上着を置いてしまう
  • 子どものおもちゃがリビングに散らかっている
  • ダイニングテーブルの上が物置になっている
(空間力)
  • インテリアや家具を衝動買いしやすい
  • いつか使うと思って使わずにとっている家具がある
  • 部屋の家具の高さがバラバラである
  • 洗濯機やトイレの上にデッドスペースがある
(動線力)
  • ベッドやソファなどがあり、庭やバルコニーへ出られない
  • ソファやテーブルに足をぶつけることが多い
  • 壁の給気口を閉めてしまうことが多い
  • 家具は部屋の真ん中に置くか壁に沿わせることが多い
 
上のチェックリストは、“リビング崩壊”に陥りやすいか?その危険度を「収納力」「空間力」「動線力」の3つのカテゴリーから分析するものです。それぞれのカテゴリーのうち1つでも当てはまるものがあれば、“リビング崩壊”に陥りやすい傾向があります。またどのカテゴリーにも2つ以上チェックがつけば、すでに“リビング崩壊”に陥っている可能性があります。これからお話しする“リビング崩壊”対処法を参考に、家具配置やライフスタイルを見直してみてください。
 

・収納の問題その1~キッチンカウンターなどに物を置いてしまう~
 

“リビング崩壊”の原因のひとつに、収納の問題があります。家を買うときや借りるとき、間取り図を見て収納が少ないと感じたことはありませんか?収納を増やしてしまえば、そのまま部屋の広さが狭くなるため、あえて収納をつくらないことが多いのです。そのため、収納が少ない住まいは多く、物が片づかない根本的な原因となっています。
また最近のキッチンの間取り設計で、圧倒的に増えたのが、オープンスタイルのキッチンです。料理中にもコミュニケーションがとりやすかったり、部屋が広く見えたりなどいいことずくめです。しかし、このオープンスタイルのキッチンについているキッチンカウンターは高さが1m、幅40㎝程度と、ちょうど物を置きやすい高さと大きさになっています。



また動線的に帰宅して、まっすぐ部屋に入って、いったん立ち止まり、物を脱ぎ着する、まさにその場所に設置されています。
そのため多くの人が、マスクやお財布、鍵や帽子や眼鏡など、ありとあらゆる身に着けていた小物をこのキッチンカウンターに置いてしまいます。ちなみに設計する立場としては、このキッチンカウンターにマスクや小物など、物を置くことは想定して造っていません。

また、キッチンカウンターに物を置かなかったとしても、そのそばのダイニングテーブルに物を置いてしまう方も多く存在します。その結果、ダイニングテーブルの上にはつねに物が散らかり、落ち着いて食事ができないなどの支障も生じます。
 
このキッチンカウンターやダイニングテーブルに物を置いてしまう動作はなかなか変えられないため、対処法としては「いかにきれいに物を置くか(収納するか)?」につきます。